肩鎖関節について(関節、靱帯) anatomy of Acromioclavicular joint

Sponsored Link

肩鎖関節の概要

肩峰の内側と鎖骨の外側端との平面関節

不完全な関節円板を持つことがある.

鎖骨の関節面は後外側やや下,肩峰の関節面は前内側やや上を向く.

僧帽筋(副神経,頸神経)三角筋(腋窩神経)はこの関節をまたいで付く.

分かりやすい画像。

 

key words

平面関節plane joint

関節円板articular disc

肩鎖靱帯acromioclavicular ligament
烏口鎖骨靱帯coracoclavicular ligament

菱形靱帯trapezoid ligament

菱形靱帯線(⇒鎖骨)

円錐靱帯conoid ligament

円錐靱帯結節(⇒鎖骨)

 

肩鎖靱帯 acromioclavicular ligament

肩鎖関節の関節包の上面が厚く強くなって肩峰と鎖骨を結び関節包を補強する.

 

烏口鎖骨靱帯 coracoclavicular ligament

鎖骨外側下面とその下の肩甲骨の烏口突起とを結ぶ強力な靱帯で菱形靱帯円錐靱帯からなる.

両靱帯の間に鎖骨下筋(鎖骨下筋)の外側部がある.

この靱帯は肩甲骨をつり下げ,肩鎖関節の脱臼防止に働く

また,肩甲骨の上方回旋に伴う烏口突起の移動に連動して鎖骨を後方へ回旋させ上腕骨の外転を助ける

 

1)菱形靱帯 trapezoid ligament

烏口鎖骨靱帯の前外側部分で烏口突起の内側縁(一部上面)から起こる.

前部線維は垂直に近く前上方および上方,後部線維は斜め上方へ向かい鎖骨の菱形靱帯線に付き肩甲骨の前方,内方への動きを制限する

2)円錐靱帯 conoid ligament

烏口鎖骨靱帯の後内側部で,烏口突起が外側に折れ曲がる部分の内側縁から起こる.

外上方に捻れながら拡がり鎖骨(の下面外側後方)にある円錐靱帯結節に付く.

解剖学(目次)New !へもどる➡

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。