解説! 第51回理学療法士・作業療法士国家試験(51A54) 閉鎖神経支配の筋

54 閉鎖神経に支配されるのはどれか。

1.薄筋

2.縫工筋

3.半腱様筋

4.半膜様筋

5.大腿二頭筋長頭

 

Sponsored Link

【解説】

筋の神経支配に関する基本的な問題です。

閉鎖神経は、主に股関節の内転筋群を支配しています。

股関節において~内転筋は、全て閉鎖神経が神経支配に関わっています。

 閉鎖神経支配の筋は?

具体的には、
恥骨筋
薄筋
短内転筋
長内転筋
大内転筋
外閉鎖筋

です。

 

ここで、注意しないといけないのは、

 

閉鎖神経を含む二重神経支配の筋は?

恥骨筋は、大腿神経と閉鎖神経の二重支配

大内転筋は、閉鎖神経と坐骨神経(脛骨神経部)の二重支配

だということです。

 

縫工筋は?

大腿神経神経支配です。

 

半腱様筋、半膜様筋は?

坐骨神経(脛骨神経部)支配です。

 

大腿二頭筋は?

長頭が坐骨神経(脛骨神経部)、短頭が坐骨神経(腓骨神経部)です。

 

ハムストリングスとは?

前述の3つ(半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋)は、ハムストリングスを構成する筋です。

 

設問にある筋は、よく出題されますので、間違えられない問題でもあります。

 

解答

1.