Sponsored Link



椎骨間の連結について

椎骨は、
頸椎、胸椎、腰椎、仙椎、尾椎が含まれます。
仙椎は、成人では癒合して仙骨
尾椎も、癒合して尾骨となります。

椎骨の上下の連結が椎骨間の連結となり、
椎骨間の連結は、
次の3つに分類されています。

[1]椎体間の連結 [2]椎弓間の連結 [3]椎間関節
Sponsored Link

[1]椎体間の連結

椎体間を連結するもので、
椎体と椎体の間にある椎間(円)板
椎体の前面を縦走する前縦靱帯
椎体の後面を縦走する後縦靱帯からなります。

椎間円板(椎間板)intervertebral disc

g-tuikotukan-7

椎体と椎体の間(C2/3~L5/S1)にあります。
(C1には椎体がないため,その上下にはない).

厚い円板状で線維輪髄核から構成される.

髄核 nucleus pulposus

椎間板の中心部のゼラチン様の
線維軟骨で、水分が80~85%含まれ、
弾力、膨張性に富み、

脊柱への長軸方向の衝撃を吸収し
脳を保護する.

線維輪 anulus fibrosus

走行が異なる多数の層で髄核を囲んでいる.

線維輪の外側部は
タイプⅠコラーゲン線維が
様々な角度で互いに交差し
椎体の上面と下面の外周部に付く.

線維輪内側部は
タイプⅡコラーゲン線維が
椎体内側の硝子軟骨性の関節面
(椎体終板:椎体内側中央部にある)に付く.

成人の椎間板は、
主に椎体終板からの拡散diffusionによって
水分や栄養分を得ている.

成人の髄核には神経、血管はないが
線維輪の外側1/3は神経、
血管支配が存在し、疼痛の受容器もある.

(▲変性,外傷などによる椎間板の
亀裂に神経が侵入し疼痛の原因となる)
椎間板は頸部に5(C2/3~6/7),
胸部に12(C7/T1~T11/12),
腰部に5(T12/L1~L4/5),
仙骨部に1(L5/S1)の合計23ある.

前縦靱帯 anterior longitudinal ligament

 

後頭骨底部から椎体前面、
椎間板前縁と僅かに結合しながら
仙骨前面までを被う長い靱帯.

上端は狭く厚いが下端は広く薄くなる.

後縦靱帯 posterior longitudinal ligament(PLL)

 

蓋膜(後頭骨の斜台に付く)から
脊柱管の前壁(椎体の後面)を被う長い靱帯.

椎間板の後面と固く結合し
椎体の縁とも結合するが
椎体後面の中央とは結合がゆるい.

▲後縦靱帯骨化症OPLLでは、
この靱帯の肥厚が徐々に進行し
後方にある脊髄が圧迫される.

Sponsored Link

[2]椎弓間の連結

椎弓間の連結には、
脊柱管の後壁にある黄色靱帯
棘突起間にある項靱帯および棘間靱帯
棘突起上を結ぶ棘上靱帯
横突起間を結ぶ横突間靱帯がある.

黄色靱帯 yellow ligament(ligamenta flava)

 

脊柱管の後壁にあり軸椎(C2)から
第1仙椎の上下の椎弓板を結ぶ短く強い靱帯.

弾性線維を50~80%含み
黄色で後方は棘間靱帯と結合する.

▲黄色靱帯骨化症OYLでは、
この靱帯の前方にある脊髄が徐々に圧迫される.

棘間靱帯 interspinous ligament

 

上下の棘突起間を結ぶ薄い靱帯.
その線維は棘突起に並行から斜めに張る.

垂直な線維はないので、
脊柱の屈曲運動の制限は比較的少ない.

項靱帯 nuchal ligament

後頭骨の外後頭隆起から
頸椎の棘突起上をC7棘突起まで
張る膜状の靱帯.

頸部の固有背筋を左右に分ける中隔で
C7以下は棘上靱帯に移行する.

棘上靱帯 supraspinous ligament

 

項靱帯につづきC7棘突起の尖端から
棘突起上を仙骨後面まで張る.

横突間靱帯 intertransverse ligament

隣接する椎骨上下の横突起間(腰部は副突起間)を結ぶ.

[3]椎間関節 zygapophysial joint(=facet joint)

上位の椎骨の下関節突起と
下位の椎骨の上関節突起による平面関節

椎骨の場所で関節面の傾きが異なり、
関節運動もそれに応じて生じる.

頸椎の椎間関節

薄くて強くゆとりのある関節包に包まれ
関節面は上前方から後下方へ約45°傾き、
屈曲,伸展,回旋,側屈の可動性が大きい.

胸椎の椎間関節

関節面は前額面に近く、
関節包もゆとりがないため
屈曲,伸展の可動性は小さい.

腰椎の椎間関節

関節面は矢状面に近いため
可動性は屈曲,伸展で大きく,
回旋や側屈で小さい.

 

解剖学(目次)New !へもどる➡

解剖学の勉強法! 暗記法は?

解剖学のおすすめの教科書? 使える解剖学の教科書は?

錐体路の経路と覚え方!上位運動ニューロンとの関係も解説!

Sponsored Link



Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のK5です! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。