Sponsored Link



肋間膜Intercostal membraneについて

肋間膜は、上下の肋骨の間に張る
膜状の靱帯です。

肋間膜があるおかげで、胸郭の
内側にある肺が守られ、
呼吸に際しても肺が外に飛び出さない
ように守っています。

Sponsored Link

肋間膜について

肋骨と肋骨の間(肋間隙げき)に張る
膜状の靱帯です。
外肋間膜内肋間膜の二つがあります。

外肋間膜外肋間筋(肋間神経)が欠ける
胸郭前方部分に張ります。

内肋間膜内肋間筋(肋間神経)が欠ける
胸郭後方部分に張ります。

※肋間筋と肋間膜で肋間隙は全て被われる.肋間隙の下には肺があります。)

key words

外肋間膜external intercostal membrane

外肋間筋external intercostal muscle

内肋間膜internal intercostal membrane

内肋間筋internal intercostal muscle

 

外肋間膜

外肋間筋(肋間神経)の前内側への延長部分で
胸郭前方の肋間隙(上下の肋軟骨の間)に張る.

外肋間筋について

肋間隙を満たす左右11対の筋で
肋骨結節部から肋硬骨が肋軟骨に移行する
付近まであります(それより前方は外肋間膜が張る)。

起始部から斜め前方に下り外腹斜筋と同じ走行
(内肋間筋の走行とは直交)で多量の腱線維を
混じ、背部は内側上方から外側下方、
胸部は外側上方から内側下方へ下って停止します。

起始 上の肋骨外面の下縁
停止 下の肋骨の上縁
作用 ・肋骨挙上(吸息)
・肋間隙の緊張保持
髄節 T1~11
神経 肋間神経(胸神経前枝)

Sponsored Link

内肋間膜

内肋間筋(肋間神経)の後内側への延長部分で
胸郭後方の肋間隙(上下の肋硬骨の間)に張る.

内肋間筋について

外肋間筋よりも深層で肋骨角から
胸骨までの範囲にある左右11対の筋
肋骨角から後方は内肋間膜が張る)。

内腹斜筋と同じ走行(外肋間筋の走行とは
直交)で後下方から前上方に上がり
停止する.
下部2個はしばしば内腹斜筋に続く.

起始 下の肋骨の上縁および内面
停止 上の肋骨の下縁および内面の
・肋骨溝の上縁
作用 ・肋骨引き下げ(呼息)
※前部線維は吸息時に筋活動が認められるがそのメカニズムは十分に解明されていない.
髄節 T1~11
神経 肋間神経(胸神経前枝)

 

解剖学(目次)New !へもどる➡

解剖学の勉強法! 暗記法は?

解剖学のおすすめの教科書? 使える解剖学の教科書は?

錐体路の経路と覚え方!上位運動ニューロンとの関係も解説!

Sponsored Link



Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のK5です! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。