<解説>第50回理学療法士・作業療法士国家試験問題(共通問題50P71) 肩甲骨の上方回旋に作用する筋

71 肩甲骨の上方回旋に働く筋はどれか。

1.前鋸筋

2.小胸筋

3.広背筋

4.大菱形筋

5.肩甲挙筋


Sponsored Link

【解説】

肩甲骨の上方回旋に作用する筋

前鋸筋+僧帽筋(上部線維)+僧帽筋(下部線維)です。これらの3つの筋線維が協同して働き肩甲骨の上方回旋が生じます。

肩甲骨の下方回旋に作用する筋

大菱形筋、小菱形筋、肩甲挙筋(広背筋、大胸筋、小胸筋)などがあります。

安静立位で肩甲骨が下方回旋した状態にある人

通常、上方回旋させる筋の弱化や延長、下方回旋させる筋の短縮がみられ、治療には姿勢の改善、弱化した筋の強化と筋機能の改善、短縮した筋のストレッチが必要となります。

前鋸筋

外腹斜筋に接して8~10個の筋尖が第1肋骨~8(~10)肋骨から鋸(のこぎり)状に起こり肩甲骨の上角、内側縁、下角へ付く鋸筋で、特に下部線維(第4~8肋骨からの線維)が重要な役目を果たします。前鋸筋の作用は肩甲骨の外転、上方回旋で肩関節の屈曲と外転時に肩甲骨を固定し、肩甲骨の上方回旋の主動作筋として作用します。この筋が機能不全を起こすと、翼状肩甲(winging scapula;winged scapula)と呼ばれる状態となり、肩関節の屈曲や外転が特に障害され肩の挙上が困難となります。

広背筋

腰背部の表層にある扇状の広い筋で、腰背部から広く起こり、腋窩を通って上腕骨の小結節稜に付きます。一部の線維は、肩甲骨の下角に起始しますが停止部は小結節稜です(リンク)。

僧帽筋が機能不全を起こして翼状肩甲を呈することもありますが、この場合、肩関節外転の障害が著明となります。

小胸筋

大胸筋の下にあって第3~5肋骨から起こり、肩甲骨の烏口突起に付きます(リンク)。

(大、小)菱形筋は、第(6)、7からT5棘突起から起こって、斜め外側下方へ走行し肩甲骨の内側縁に付きます(リンク)。

肩甲挙筋

第1~4頸椎の横突起から起こり、斜め外下方に下り、肩甲骨の上角に付きます。肩甲骨への付着部が内側上縁にある上角に付着し、ここを引き上げるため下方回旋に作用することになります。

答え

1.前鋸筋

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。