<解説>第50回理学療法士・作業療法士国家試験問題(共通問題50A71) 回内に作用する筋

 50A71

71 前腕の回内に働く筋はどれか。

1.深指屈筋

2.示指伸筋

3.尺側手根屈筋

4.橈側手根屈筋

5.長橈側手根伸筋

Sponsored Link

【解説】

前腕の回内に作用する筋

主動作筋として円回内筋、方形回内筋があります。

補助筋としては、橈側手根屈筋があります。

 

前腕の開始肢位によって回内に作用する筋

すなわち、前腕が回外位から回内へ作用する筋のことです。

その筋には、腕橈骨筋、長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋があります。

これらの3つの筋は、回内位からであれば、回外に作用します。

逆に回外位からであれば回内に作用します。

 

設問の答えは、4となりますが、もう一つ選ぶ場合は、5の長橈側手根伸筋を選ぶことになります。

 

深指屈筋

上腕骨へ付着していないため肘関節への作用はありません。

また、手指の末節骨(停止部)へ向かって殆どまっすぐに走行しているため、前腕の回内・回外作用は殆どありません

 

示指伸筋

尺骨の背側および前腕骨間膜から起こって示指へ向かって斜めに走行しますので、可能性としては前腕の回外が考えられます。

運動軸の関係からも回内には作用しないことが分かります。

 

尺側手根屈筋

上腕骨の内側上顆および尺骨近位部から起こってそのまま尺側側をまっすぐ進んで豆状骨へ付きます。

元々手関節を掌屈、尺屈させる筋ですので、そこから回外や回内をすると起始と停止が離れてしまうことになります。

そのため回内、回外作用は殆どありません

 

答え

4.橈側手根屈筋

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。