anatomy of Vertebra prominens 隆椎(第7頸椎)の解剖(用語、名称、写真)

Sponsored Link

隆椎(りゅうつい)(第七頸椎)
Vertebra prominens;C7

 

頸椎の最下端部.

特徴的な長い棘突起は項靱帯棘上靱帯の移行部となる.

棘突起は頸部側屈の関節可動域(ROM)測定の際の基準となる.

隆椎1

①棘突起spinous process ②横突起transverse process ③横突孔transverse foramen

隆椎2 隆椎3 隆椎4

第7頸椎の棘突起

最も長大で二分せず体表から容易に触知できる(隆椎の名称の所以).

項靱帯が停止し棘上靱帯へ移行する.

頭棘筋(脊髄神経),頸棘筋(脊髄神経),棘間筋(脊髄神経),頭半棘筋(脊髄神経),胸半棘筋(脊髄神経),小菱形筋(肩甲背N),上後鋸筋(肋間神経),僧帽筋(副神経,頸神経)が付く.

 

 

第7頸椎の横突孔

小さく,閉鎖している場合もある.

通常,椎骨静脈は通すが椎骨動脈は通さない.

 

 

第7頸椎の横突起

前結節は欠く場合が多いが,前結節が巨大化して肋骨となる場合は頸肋(けいろく)と呼ばれる.

▲頸肋の発生頻度は1%弱で胸郭出口症候群(TOS)の原因の一つとなる.

横突間筋(脊髄神経),回旋筋(脊髄神経),頸長筋(頸神経),中斜角筋(頸神経),肋骨挙筋(肋間神経)が付く.

 

□key words

①棘突起spinous process

項靱帯nuchal ligament

②横突起transverse process

頸肋cervical rib

胸郭出口症候群thoracic outlet syndrome

③横突孔transverse foramen

解剖学(目次)New !へもどる➡

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。