上後鋸筋、下後鋸筋、板状筋について(起始・停止・作用・支配神経)

深背筋は、背部の深層にあり第1層と第2層に分ける.

第1層は肋骨と椎骨(棘突起)を結び棘肋筋とも呼ばれます.

第2層は脊柱に関係があり固有背筋とも呼ばれ[1]板状筋,[2]脊柱起立筋[3]横突棘筋,[4]棘間筋,[5]横突間筋[6]後頭下筋群からなります.

 

Sponsored Link

深背筋【第1層】

 

浅背筋(菱形筋や広背筋)より深層にある.

肋骨と棘突起を結び胸郭の動きに関与する.

上後鋸筋,下後鋸筋がある.(動画リンクあります。)

1.上後鋸筋
serratus posterior superior

上部にあり菱形筋に被われる.

起始 ・C7~T3棘突起,その間の棘上靱帯

斜め外下方に走る

停止 第2~5肋骨角とその外側上縁
作用 ・胸郭挙上
・吸息補助
髄節 T1~4
神経 肋間神経

 

2.下後鋸筋
serratus posterior inferior

下部にあり広背筋に被われる.

起始 ・T11~L2棘突起
・腰背腱膜斜め外上方に走る
停止 第9~12肋骨角より外側下縁
作用 ・胸郭の引き下げ
・呼息補助
髄節 T9~12
神経 肋間神経 T9~11
肋下神経 T12

 

深背筋【第2層】

第1層よりさらに深層にあり,固有背筋ともいう.

[1]板状筋,[2]脊柱起立筋[3]横突棘筋,[4]棘間筋,[5]横突間筋[6]後頭下筋に分ける.

固有背筋は,胸腰筋膜に包まれる.

[1] 板状筋Splenius

固有背筋の中で最も表層にある.

頭頸部の背面で僧帽筋,菱形筋に被われ頭頸部に作用する.

1.頭板状筋
splenius capitis

僧帽筋上部とその下の菱形筋に一部被われる平らな筋.

起始 ・C3~T3の棘突起,その間の項靱帯,棘上靱帯
上外方に走り胸鎖乳突筋に被われる.
停止 ・側頭骨の乳様突起
・後頭骨の上項線外側1/3
作用 ・頭部の伸展,側屈,同側回旋
※胸鎖乳突筋の拮抗筋
髄節 C1~5(不定)
神経 頸神経後枝の外側枝

 

2.頸板状筋
splenius cervicis

起始 ・T3~6棘突起とその間の棘上靱帯
停止 C1~3横突起(C3は横突起後結節)
作用 ・頸部の伸展,側屈,同側回旋
髄節 C1~5(不定)
神経 頸神経後枝の外側枝

解剖学(目次)New !へもどる➡

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。