ジアテクターPの口コミ評判は?パウダーから次亜塩素酸水の作り方も

次亜塩素酸水を作ることができるパウダーが
あるとのことでジアテクターPについて
調べてみました。

そもそも、次亜塩素酸水の定義は厚生労働省が
定めていますので、厳密に言えばジアテクターP
は次亜塩素酸水ではないことになりますが・・・。

パウダータイプは、「次亜塩素酸水」ではない?

どういうことかと言うと、次亜塩素酸水を作る際の
定義として、

本品は,塩酸又は食塩水塩化ナトリウム水溶液
電解することにより得られる,次亜塩素酸を主成分とする水溶液
である。

このように書いてあります。

ですので、

ジアテクターPのようにパウダーを
使って次亜塩素酸の水溶液を作った場合、
厳密に言うと、次亜塩素酸水とは言えないことになります。

次亜塩素酸水とは、あくまで電解(電気分解)して
生成することが前提となっているようです^^;

さらに言うと、次亜塩素酸水は

名称 pH 有効塩素濃度(ppm)
強酸性次亜塩素酸水 2.7以下 20~60mg/kg(ppm
弱酸性次亜塩素酸水 2.7~5.0 10~60mg/kg(ppm
微酸性次亜塩素酸水 5.0~6.5 10~80mg/kg(ppm

強酸性~微酸性までpHの範囲がありますが
何れにせよ、次亜塩素酸水は全て酸性です!

今回の、ジアテクターPで作られる次亜塩素酸水溶液は
pH6.4(1000ppmの溶液の場合)ですので、
中性に近い弱酸性です。

メーカーが説明しているページによると
ジアテクターPを使った水溶液は、
作り方によって酸性、中性、アルカリ性に分かれます。

パウダータイプからの次亜塩素酸水溶液は危険?

結論から言うと、パウダータイプから生成した
次亜塩素酸水溶液の危険性は、pHと濃度(ppm
で異なります。

厚生労働省が提唱する次亜塩素酸水のpHと濃度
になるように調整して出来上がったものであれば
危険性は、指摘されていないようです。

要するに、作り方しだいだと言うことです。

希釈濃度さえ間違わなければ、素晴らしい製品です。

 

このパウダーというのは具体的には、
ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムのことです。

 

ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムは、以前から
プールの
消毒などに使われており、安全性および
除菌力が確認されてあります。

 

誤解が無いように念を押して説明すると、
このパウダーから生成された次亜塩素酸水溶液は
次亜塩素酸ナトリウムではありません。

水と反応して「次亜塩素酸」を発生させる
のが
ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムです。

もっというと、「次亜塩素酸水の元」と表現される
場合もあるぐらいです。

ジアテクターPを使う際の注意点

製品説明にもありますが、ジアテクターPなどの
パウダーを使用する際には保護メガネ、
保護手袋、保護靴、保護マスクなどを
着用
するように注意喚起してあります。

50ppmの次亜塩素酸水も作ることはできますが
作るときには、注意が必要です。

ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムとは?

ジアテクターPの成分がジクロロイソシアヌル酸ナトリウムです。

他にも、次亜塩素酸を作るパウダーが発売されていますが
成分は、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムが使ってあります。

聞き慣れないと思いますが、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムは
学校のプールや銭湯の消毒に古くから使われており、
すでに安全性が証明されています。

ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム
水溶液にした場合のpH 6.4程度(1000ppmの溶液の場合)
中性に近い)
塩素臭 非常に少ない
(次亜塩素酸ナトリウムと比較して少ない)
水への溶解性 溶けやすい(1分程度で完全溶解しやすい)
保存期間 長期保存が可能
2年程度
除菌に関係する物質 次亜塩素酸
(水溶液にした場合に発生する次亜塩素酸)
食品添加物としての認定 認定されていません
超音波式加湿器への使用 可能(50ppmの水溶液)
(メーカー説明ページより)

 

次亜塩素酸の水溶液の作り方

厚生労働省が定めている次亜塩素酸水の濃度は10ppm~80ppmです。

このジアテクターPを使って
50ppmの次亜塩素酸水を作ろうとすれば、

「6000ml(6リットル)の水」
0.5gのジアテクターP」を入れると完成します。

出来上がった水溶液の保管期間は、メーカーによると
3ヶ月から6ヶ月です。
ただし、長期保存には向きません。
最初の1ヶ月で濃度が半分ぐらいの濃度(ppm)になります。

 

「0.5gのジアテクターP」は、極微量な量です。
一般の人が正確に計測するには注意が必要ですが、
一応、付属の計量スプーンを使って測定できます。

間違って1グラム入れてしまうと、100ppmとなります。
(100ppmは、除菌するには推奨されている濃度ですが、
次亜塩素酸水の濃度ではありません。)

計量不要タイプのパウダー

日本の専門メーカー「レーアライフ」が作ったものです。

これなら、計量不要です。

次亜塩素酸水パウダー「ジアテクターP」の効果と口コミ情報

ジアテクターPは、1999年4月1日設立の「抗菌美装」
という日本の会社が作っている製品です。

抗菌や防カビに関する専門の会社で20年以上、
2000社以上との取引の実績があります。

次亜塩素酸水パウダーの効果は、すなわち
次亜塩素酸の効果と同様になります。

学校のプールや温泉施設などで使用されており
効果は実証済みと考えてよさそうです。

「ジアテクターP」の口コミ情報

消臭効果もしっかり有りました・・
40ppmを使ったら、ペットや釣り道具の臭いが一瞬でなくなりました・・
扱いやすくて、コスパに優れている・・・
長期保存できて便利・・
作り方を工夫する必要がある・・
経済的で助かっています・・・
プールに使用しています。ぬめり一切なしで嬉しい~

などなど、多数~!

素晴らしい製品です。

次亜塩素酸水生成器の家庭用

ジアテクターPのようなパウダータイプのものから
次亜塩素酸を発生させるのが面倒だと思う方は
家庭用の次亜塩素酸水生成器があります。

かなり、品薄で予約販売になっていますので
購入を考えている場合は、早めが良さそうです。

購入の際は、くれぐれも次亜塩素酸水生成器である
ことを確認されてください。

違う機種も多数、低価格で販売されています。
特に、次亜塩素酸ナトリウムができるタイプ
も中にはあります。ご注意を~!

次亜塩素酸水の生成器を選ぶポイント

塩素ガスが発生しにく弱酸性、または微酸性の
次亜塩素酸水を発生させる機器の購入が理想です。

ジアイレーサーやジアポケットなどが販売されています。

品薄となっているようです^^;
お早めの予約をおすすめします。

ジアポケットも楽天の除菌剤ランキング(2020年3月15日)で
一位を獲得している次亜塩素酸水の生成器です。

 

<関連記事>

次亜塩素酸水のスプレーボトル100mlのおすすめ!価格と購入方法も

次亜塩素酸水生成器のランキング家庭用!ベスト3と価格は?