ppmとは何の単位?濃度やパーセントの計算方法を分かりやすく解説!

ppmって意外と聞く言葉ですね。
新型コロナウイルス関連では、
次亜塩素酸水の濃度にppmが使われていたりも・・。

今ひとつピンとこないのがppmだったりします。

ppmについてできるだけ分かりやすく書いてみました。

Sponsored Link

ppmは何の略?

英語では?

parts per million

直訳すると・・

parts・・部分

per・・「÷」、「何分の~」を意味します。

million・・100万

ですので、「100万分のいくらかの部分」となります。

 

ppmの読み方

普通に、「ピーピーエム」と読む場合と、
元々の英語の読み方に基づいて
「パーツ・パー・ミリオン」とも読みます。

どちらかと言うと、後者の「パーツ・パー・ミリオン」
と読む方が、カッコいい感じがします。
(多分。)

 

ppmとパーセント(%)の関係

1%は、あるものを100に割った
ものの1つを意味します。

ですので・・

計算上は・・
1/100=0.01
1%となります。

 

ところで、

ppmは、parts per millionですので・・

1ppm=1/100万

ちょっと桁が多すぎてピンとこない
かもしれませんが・・

1/100万=0.000001(10−6

 

冷静に考えると・・

1ppm×100万=1
100万ppm=1

です・・

ということは、
1ppmを100万倍すれば、100%になるのが
分かると思います。

なので・・

100万ppm=1(100%)
10万ppm=0.1(10%)
1万ppm=0.01(1%)
1000ppm=0.001(0.1%)
100ppm=0.0001(0.01%)
10ppm=0.00001(0.001%)
1ppm=0.000001(0.0001%)

となります。

中学生の時の数学を思い出してください^^;

Sponsored Link

ppmを使う理由

何で、ppmという単位を使うのか?

疑問が生じます。

それは、先程のppmと%の関係を見てもらうと
分かると思います。

0.0001%というのと
1ppmというのとで
どちらが、パット見、分かりやすいのか?

0.0001%では、ゼロの数を間違えないように
数える作業が必要になりますが、
1ppmでは、一目瞭然です。

微量な割合や濃度では、ppmを使ったほうが
分かりやすいというメリットがあります。

濃度の単位として分かりやすい

例えば、1リットルの溶液水の中に溶けている
物質の量を濃度で表す際にppmは威力を発揮します。

水1リットル=1000g

1g=1000㎎

ですので、
水1リットル=1,000×1000㎎
すなわち、10の6乗㎎となります。

ですので、

水1リットル中に物質が何mg溶けているかを
表す際には、ppmでは分かりやすいことになります。

1mgの物質が溶けている場合、実際の計算は

1mg/1,000,000mg
=1/100万
=0.000001
10−6

となり、
1ppm
となります。

ppmと濃度・%の関係

もう一度、ppmと%、濃度の関係を表に
まとめると⬇⬇

ppm 指数 %(濃度)
100万ppm 1 10−0 100%
10万ppm 0.1 10−1 10%
1万ppm 0.01 10−2 1%
1000ppm 0.001 10−3 0.1%
100ppm 0.0001 10−4 0.01%
10ppm 0.00001 10−5 0.001%
1ppm 0.000001 10−6 0.0001%

このようになります。

・・えっと~

分かりやすいですよね^^;

もしかして・・
まさか・・
えっ・・
ピ・・
・・

失礼しました。

時々、やりたくなってしまうもので^^;

<関連記事>

次亜塩素酸水生成器の家庭用!Amazonや楽天の価格と口コミ!