次亜塩素酸水のスプレーボトル100mlのおすすめ!価格と購入方法も

次亜塩素酸水を入れる携帯用スプレー容器を探している方のために書いています。

次亜塩素酸水が良いのは分かっていますが
安心できる専用のスプレーボトルが欲しいところ。

でも、次亜塩素酸水を入れる容器は
保存に適応しているのものが必要です。

その理由は、

次亜塩素酸水の弱点として、劣化が早いことや
少しですが金属を錆びさせる可能性などが
あるからです。

透明な容器では、日光が次亜塩素酸水の
分解を早めてしまいますので避けたいところ。

次亜塩素酸水を入れる容器選びは注意が必要です。

次亜塩素酸水のスプレーボトル100mlのおすすめ

良いものがありました!

これ⬇⬇なら、色々と心配する必要がありません。

なんせ、
最初から50ppmの次亜塩素酸水が入った
状態で販売されていますので^^;

ジアミスト(10本セット、3本セットなど)

50ppmの次亜塩素酸水を100mlのスプレーボトルに
入れた状態で発売されています!

日本製ですし問題ないと思います。
⬇⬇

これなら、使い切ってもスプレーボトルを
再利用できますし、10本セットなので
家族で使うことも可能です。

3本セットもあります。

お出かけ用など、利用範囲は意外に多そうです。

普通のスプレーボトルは?

⬆⬆は、Amazonなどで販売されているものです。

口コミなどをみると、あまり評価がよくありません^^;

値段も、そこそこしますが・・。

 

楽天でも探してみました・・

こちらは、50mlと100mlのセットです。

 

やっぱり、見た目なども考えると

が中身も入っていて手っ取り早いですね。

ボトルを購入しようと思っている方には
おすすめです。

次亜塩素酸水の作り方

次亜塩素酸水とは?

次亜塩素酸水には、以下の3種類があります。

名称 pH 有効塩素濃度(ppm)
強酸性次亜塩素酸水 2.7以下 20~60mg/kg(ppm
弱酸性次亜塩素酸水 2.7~5.0 10~60mg/kg(ppm
微酸性次亜塩素酸水 5.0~6.5 10~80mg/kg(ppm

強酸性~微酸性までpHの範囲があります。
どちらにしても、次亜塩素酸水は全て酸性です!

次亜塩素酸水は、低濃度でも高い除菌消臭力を
発揮する食品添加物に認定されている水溶液です。

次亜塩素酸水の作り方

3つの方法があります。

  • 生成器を使う方法
  • ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムを使う方法
  • 次亜塩素酸ナトリウムに塩酸を混ぜてつくる方法

次亜塩素酸水の家庭用機器

塩素ガスが発生しにく弱酸性、または微酸性の
次亜塩素酸水を発生させる機器の購入が理想です。

ジアイレーサーやジアポケットなどが販売されています。

ジアイレーサーは、2020年5月発売予定のものです。

発売と同時に完売になることも考えられます。
お早めの予約をおすすめします。

 

ジアポケットは、すでに予約で完売に近い状態です。

楽天の除菌剤ランキング(2020年3月15日)で
一位を獲得している次亜塩素酸水の生成器です。

 

ちなみに、

次亜塩素酸ナトリウムはスプレーして
使用すると危険ですので、
間違わないように
してください。
超音波式の加湿器にも使用できません。
<関連記事>

アルコールジェルの濃度とコロナ対策!不活化効果は何%で有効?