広頸筋、胸鎖乳突筋、舌骨上筋群、舌骨下筋群について(起始・停止・作用・神経)

浅頸筋は、最も表層の浅頸筋,外側の外側頸筋,舌骨より上の舌骨上筋群,舌骨より下の舌骨下筋群からなる.


Sponsored Link

浅頸筋

頸部前面の最も表層にある四角板状筋.皮筋.(動画リンクあります。)

広頸筋(動画リンク)
platysma

起始 大胸筋と三角筋の上部を被う皮膚と筋膜(第2肋間の高さ)
停止 ・下顎骨下縁
・顔面下部の皮膚
作用 ・頸筋膜,咬筋筋膜の緊張,皮膚の引き上げ
・口角の引き下げ
・頸部の屈曲
髄節
神経 顔面神経

※皮膚に付く筋を皮筋cutaneous muscleという.


外側頸筋

頸部前外側で広頸筋の深層にある.

主に頭頸部の運動,吸息の補助に作用する.

胸鎖乳突筋(動画リンク)
sternocleidomastoid

前方に頸動脈三角をつくる.

起始 胸骨部:胸骨柄前面
鎖骨部:鎖骨内側1/3
停止 ・側頭骨の乳様突起
・後頭骨上項線の外側1/2
作用 ・頭,頸部の対側回旋,側屈
・頸部の屈曲
・頭部の伸展※
・胸郭挙上(吸息補助)
(頭板状筋の拮抗筋)
髄節 C2,3
神経 ・副神経(外枝)
・頸神経C2,3
(副神経の運動神経,頸神経の筋枝から支配)

・環椎後頭関節の屈曲,伸展の運動軸よりも後方を筋が通り,頭部へは伸展作用となる.

舌骨上筋群

舌骨より上にあり,舌骨を頭蓋骨や下顎骨に結びつける.

全体として頭部の屈曲を補助する.

1.顎二腹筋(動画リンク)
digastricus

後腹の下に頸動脈三角をつくる.

起始 [後腹] 側頭骨の乳突切痕前腹と後腹の間は中間腱となり,線維性組織の滑車で舌骨体に結びつけられる
停止 [前腹] 下顎骨前部後面の二腹筋窩
作用 ・舌骨挙上
・下顎引き下げ(開口)
髄節
神経 [前腹] 下顎神経(三叉神経の第3枝)
[後腹] 顔面神経

 

2.茎突舌骨筋(動画リンク)
stylohyoid

起始 側頭骨の茎状突起の基部後面
停止 舌骨大角の基部
作用 ・舌骨を後上方に引く
髄節
神経 顔面神経

 

3.顎舌骨筋(動画リンク)
mylohyoid

起始 下顎骨体内面の顎舌骨筋線
停止 舌骨体,正中の縫線(顎舌骨筋縫線)
作用 ・舌骨挙上
・下顎引き下げ(開口)
髄節
神経 下顎神経(三叉神経の第3枝)

 

4.オトガイ舌骨筋※
geniohyoid

起始 下顎骨正中部後面のオトガイ棘
停止 舌骨体の前面
作用 ・舌骨を前上方に引く
・下顎引き下げ(開口)
髄節 C1
神経 舌下神経を経由するC1の枝※

 

舌骨下筋群

 

舌骨より下にあり,嚥下や会話の際に舌骨,喉頭を引き下げる.

全体として頸部の屈曲を補助する.

1.胸骨舌骨筋(動画リンク)
sternohyoid

起始 ・胸骨柄
・胸鎖関節包
・鎖骨の後面
・(第1肋骨)
停止 舌骨体の下縁内側
作用 ・舌骨の引き下げ
髄節 C1,2,3
神経 頸神経ワナ※

 

2.肩甲舌骨筋(動画リンク)
omohyoid

細長い二腹筋.
上腹の後方に頸動脈三角※をつくる.

起始 下腹

・肩甲骨上縁
(上肩甲横靱帯とその内側)
斜め上方に走る

上腹

・中間腱
斜め上方に走る

停止 下腹

・中間腱(上腹の起始部)

上腹

・舌骨体の下縁外側

作用 ・舌骨を下後方に引く
・頸筋膜を張り気管前葉を介し頸静脈鞘を引き内頸静脈を広げる
(やせた人は会話中に下腹の収縮が確認できる.)
髄節 下腹 C2,3
上腹 C1,2
神経 頸神経ワナ※

 

3.胸骨甲状筋(動画リンク)
sternothyroid

舌骨に付着しない.

起始 ・胸骨柄後面
・第1肋軟骨
停止 甲状軟骨
作用 ・甲状軟骨の引き下げ
髄節 C1,2,3
神経 頸神経ワナ※

 

4.甲状舌骨筋※(動画リンク)
thyrohyoid

起始 ・甲状軟骨の斜線
上方に走る
停止 ・舌骨体
・舌骨大角の後面
作用 ・舌骨の引き下げ
・甲状軟骨の挙上
髄節 C1
神経 舌下神経を経由するC1の枝※

 

 

頸動脈三角carotid triangle

胸鎖乳突筋の前縁,肩甲舌骨筋の上腹,顎二腹筋の後腹で囲まれる三角形の部分.

脈拍がよく触れ,ここで総頸動脈が内頸動脈と外頸動脈に分かれる.

 

 

頸神経ワナAnsa cervicalis

C1の枝は舌下神経と共通の皮膜に一部が包まれ上根superior rootを形成しC2,3の下根inferior rootと合わさって神経のループ(ワナ)を作る.

舌骨下筋群とオトガイ舌骨筋を支配する.

 

 

オトガイ舌骨筋と甲状舌骨筋の支配神経は?

舌下神経支配のように見えるが,実はC1(C2)の神経線維が舌下神経に合して上根を経由した後,再び分かれたものから支配される.

 

「頭部の屈曲」「頸部の屈曲」とは?

①頭部の屈曲・伸展は、環椎後頭関節による環椎と後頭骨の間での頭部の動きで,頸椎の動きは関係しない.

②頸部の屈曲・伸展は、頸椎の椎間関節,椎間板による頸椎の動きで,環椎と後頭骨の動きは関係しない.

③頭部と頸部の複合屈曲・複合伸展は、上記①②の動きが複合して生じる場合.

解剖学(目次)New !へもどる➡

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。