足関節(距腿関節)、足根間関節について

 足関節(Ankle joint、Intertarsal joint)に関連する関節のまとめです。
Sponsored Link

a.距腿関節(上跳躍関節)
Ankle joint

 

腓骨,脛骨,距骨からなる.

関節窩は腓骨の外果関節面,脛骨の下関節面,内果関節面が連なって形成され,

関節頭となる距骨滑車とともにラセン関節を呈し足関節の背屈と底屈が可能.

 

距骨滑車の形状(⇒骨学)から関節の遊び(joint play)は足関節の背屈位で少なく底屈位で大きくなる

kyokotukassya

 

足関節に関係する靱帯

内側靱帯,前距腓靱帯,後距腓靱帯,踵腓靱帯がある.

内側靱帯medial ligament
(=三角靱帯deltoid ligament)

足関節内側にあり,脛舟部,脛踵部,脛距部(前脛距部,後脛距部)からなる.

この靱帯は内果から三角形に放散する形状をしており関節包内側の補強も行う.

▲損傷すると足関節外反ストレステストeversion stress testが陽性となる.

1)脛舟部tibionavicular part

内果から舟状骨の背側面.

2)脛踵部tibiocalcaneal part

内果から踵骨の載距突起.

3)前脛距部anterior tibiotalar part

内果から距骨頸.

4)後脛距部posterior tibiotalar part

内果から距骨後突起の内側結節.

 

 

前距腓靱帯anterior talofibular ligament

足関節の前外側にあり外果から距骨頸の外側に付く.

足関節の「内がえし」を制限する.

▲損傷すると足関節の前方引き出しテストanterior drawer testが陽性となる.

 

後距腓靱帯posterior talofibular ligament

腓骨下端後内側(外果窩lateral malleolar fossa)から水平内側の距骨後突起posterior process of talusの外側結節に付く.

 

 

踵腓靱帯calcaneofibular ligament

外果の下縁から踵骨後外側に付く.

足関節の「回外」「内がえし」を制限する.

▲損傷すると足関節の内反ストレステストinversion stress testが陽性となる.

 

b. 足根間関節
Intertarsal joint

 

足根骨を結びつける滑膜性関節.

距骨下関節,距踵舟関節,踵立方関節,楔舟関節,楔立方関節の5つからなる.

 

■距骨下関節subtalar joint

 

距骨体下面の後踵骨関節面posterior calcaneal articular surfaceが凹,踵骨上面の後距骨関節面facies articularis talaris posteriorが凸の顆状関節condylar joint

足部の内転,外転,内がえしinversion(回外-内転-底屈)外がえしeversion(回内-外転-背屈)に関与する.

内側距踵靱帯medial talocalcaneal ligament

距骨後突起の内側結節から前方にある踵骨の載距突起に付く.

 

外側距踵靱帯lateral talocalcaneal ligament

距骨の外側突起から斜め後下方にある踵骨外側面に付く.

 

■距踵舟関節(※)talocalcaneonavicular joint

 

距骨,踵骨,舟状骨の間の顆状関節condylar joint

距骨の舟状骨関節面,前および中踵骨関節面が関節頭,舟状骨の後関節面,踵骨の前および中関節面が関節窩となる.

 

底側踵舟靱帯plantar calcaneonavicular ligament
(­=ばね靱帯spring ligament )

舟状骨粗面と踵骨の載距突起の間の靱帯で弾性線維を含む.

※距骨下関節と距踵舟関節は跳躍運動の際に共同して働くため下跳躍関節(距腿関節は上跳躍関節)という.

 

■踵立方関節(※)calcaneocuboid joint

 

踵骨と立方骨後方の間の鞍関節saddle joint.関節包は独立し,その背面は二分靱帯に被われる.

 

二分靱帯bifurcate ligament

踵骨と舟状骨,踵骨と立方骨を足背で連結するV字状の強力な靱帯で内外の2つある.

 

1)踵舟靱帯calcaneonavicular ligament

内側部の靱帯.

踵骨背面の前内側部(足根洞tarsal sinus底の前方部)から前方に向かい舟状骨背側面に張る.

2)踵立方靱帯calcaneocuboid ligament

外側部の靱帯.

踵骨背側面から立方骨背側面に張る.

 

■楔舟関節cuneonavicular joint

舟状骨と楔状骨との平面関節.

 

■楔立方関節cuneocuboid joint

外側楔状骨と立方骨との平面関節.

 

ショパール関節
(=横足根関節transverse tarsal joint

距(踵)舟関節talocalcaneonavicular jointと踵立方関節calcaneocuboid jointをあわせた呼び方.

ショパール切断をする部位.

解剖学(目次)New !へもどる➡

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。