FIMの評価と基本事項のまとめ(FIM:機能的自立度評価表)⑮コミュニケーション(表出)の採点について

FIMの評価(認知項目) コミュニケーション(表出)の採点についてのまとめです。

FIMの総論にもどる→

認知項目 ⑮コミュニケーション(表出) 採点基準

・はっきりとした音声(会話増幅装置を含む)、書字、手話による表出を評価。

・普段の表出の方法(音声、書字、手話など)で評価するが、等しく使っている表出方法の場合は、両方で評価する。

・本人の表出したことを相手に伝える(聞き取らせる)ところまでが採点範囲。

・表出(話された)された「内容」や、何を表出(話す)するか考えることは評価に含まない。

7、6点:複雑・抽象的(集団会話、テレビや新聞の話題、冗談、金銭問題など)内容の表出している場合。

5~1点:基本的欲求(食事、排泄、睡眠など)に関する表出。 

・母国語で評価する。

点数 介助者 介助(手出し) 介助の量
7 不要 不要 自立(複雑・抽象的内容を問題なく完全に理解)
6 時間がかかる、補助具(軟口蓋挙上装置palatal liftなどを介助なしで使う)が必要、安全性の配慮

※多少の構音障害があるが、言葉を用いて表出することにフラストレーションを感じることはなかった場合など。

5 必要 基本的欲求に関する内容を問題なく表出できるが、抽象的内容の表出は困難。
必要 基本的欲求に関する内容を表出できるが、監視、指示、促しが必要(抽象的内容の表出は困難)

90%より多く自分で表出(介助は10%未満)

※ゆっくり話すよう促す必要がある。

※大きな声で話すことを要求する必要がある。

※聞き返したり、念を押す必要がある場合など。

4 75%以上、90%以下自分で行う

※「塩を取ってください」など短い文を使った表出であれば、多少単語を間違っていてもOK。

3 50%以上、75%未満自分で行う

※「それをちょうだい?」などの短い句で表出している場合。

2 25%以上、50%未満自分で行う

※「おしっこ」などの一語の表出

※「まばたき」やジェスチャーを使って「はい、いいえ」の意思表示をしている。

1 25%未満しか自分で行わない

ジェスチャーと手話は、区別されており、元々手話を使っていた人の場合は7点でも、もともと音声を使っていた人であれば、2点となる。

FIMの総論にもどる→

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。