FIMの評価と基本事項のまとめ(FIM:機能的自立度評価表)⑫移動(歩行、車椅子)の採点について

FIMの評価 ⑫移動(歩行、車椅子)の採点についてのまとめです。

FIMの総論にもどる→

⑫移動(歩行、車椅子)の採点基準について

立位の状態であれば歩行、座位の状態であれば平地での車椅子で評価する。

退院時の移動手段を用いて入院時、退院時とも評価する。

例えば、入院時に車椅子使用していても、退院時に歩行獲得が予想されれば、入院時に歩行を評価する。

もし、予想が立たなければ入院時に両方評価して、退院時に決定する。

※ドアの開け閉めは、移動の評価に含めない。
※屋内と屋外の区別は不要(どちらでもよい)。
※杖にて屋内50メートル自立の場合、屋外では車椅子で全介助でも杖使用の6点と判定。
※病状により移動能力の変動がある場合は、低い方の点数をつける。

50メートルと15メートルの基準の意味
※50メートル・・・社会生活を行う上で必要と考えられる最低の距離。
※15メートル・・・屋内で生活する上で必要と考えられる最低の距離。

得点 自分で行う範囲 介助の量
7点 100%

自立

介助を必要とせず自立している

50m移動している。

介助者を必要とせず、補装具、杖などの使用、安全性の配慮が不要。

※歩行に直接影響しない装具(アームスリングやフィラデルフィア装具)は使用していてもよい。

6点 100%

修正自立

用具の使用や安全性に配慮が必要であったり、時間がかかる

50m移動している。

介助者を必要とせず、補装具、杖などの使用、安全性の配慮が必要。

・義足を利用して自立。
・ロフストランド杖を使って自立。
・休憩しながら普通の3倍以上時間がかかる
・車椅子で、片手片足を用いて50m動かせ、回転もできる

5点 100%

見守りまたは準備

監視や準備が必要

50m移動している。

準備や見守り、指示が必要。

または、15m自立で移動可能。

・車椅子を15m以上自立して操作できる

4点 75%~100%未満

(最小介助)

0~25%未満(最小介助)

50m移動している。

75%以上を患者が行う。

介助量は患者に手を添える程度。

・車椅子で50m移動し、方向の微調節やドアの敷居を越えるときのみ介助

3点 50%~75%未満

(中等度介助)

25~50%未満(中等度介助)

50m移動している。

50%以上75%未満を患者が行う。

介助量は患者をしっかり支え、足の振りだしを介助する程度。

・車椅子を50m移動するが、直進のみ可能で、角を曲がるたびに介助が必要

2点 25%~50%未満

(最大介助)

50~75%未満(最大介助)

・50m移動していない。

15m以上移動可能。

25%以上を患者が行う。

1人の介助者がどんなに介助しても15mしか歩行できない。

・車椅子をまっすぐ15mこげるが、方向を変えてもらう

1点 0%~25%未満

(全介助)

75~100%(全介助)

・50m移動していない。

15m移動可能で25%未満を患者が行う。

または、1人の介助者がどんなに介助しても15m未満しか歩行できない。

または二人介助が必要

・車椅子を15m未満しか自分でこげないか、まったくこげない。

FIMの総論にもどる→

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。