FIMの評価と基本事項のまとめ(FIM:機能的自立度評価表)⑪移乗(浴槽、シャワー)の採点について

FIMの評価 移乗 ⑪移乗(浴槽、シャワー)の採点についてのまとめです。

FIMの総論にもどる→

⑪移乗(浴槽、シャワー)の採点基準について

浴槽またはシャワー室に入り、そこから出る動作を評価する。浴槽まで近づく事は含まない。浴槽のそばにいる状態から浴槽をまたぎ浴槽内に入り、和式の浴槽であれば沈み込むこととその戻りが採点される。シャワー浴だけの人はシャワー椅子への移乗を評価する。

得点 自分で行う範囲 介助の量
7点 100%

自立

介助を必要とせず自立している

・浴槽またはシャワー室まで行き、そこに入りそして出ること。これらを安全に自力で行う。

6点 100%

修正自立

用具の使用や安全性に配慮が必要であったり、時間がかかる

・手すり、特殊な椅子のような補助具が必要である。

・通常の3倍以上の時間がかかる、または安全性の考慮が必要。

・浴槽内で椅子などを、一度準備すればあとは一人で使用

5点 100%

見守りまたは準備

監視や準備が必要

・見守り(待機、指示または促し)または準備(特殊な椅子を置く、フットレストを動かす)が必要。
・浴槽内で椅子などを、その都度準備すればあとは一人で使用

4点 75%~100%未満

(最小介助)

0~25%未満(最小介助)

・足を片側またがせる介助

3点 50%~75%未満

(中等度介助)

25~50%未満(中等度介助)

・軽く引き上げる介助

・浴槽をまたぐ際、持ち上げてもらう

・両足を浴槽に入れる介助

2点 25%~50%未満

(最大介助)

50~75%未満(最大介助)

・しっかり引き上げる、回す介助が必要。
・かなり引き上げてもらう介助

1点 0%~25%未満

(全介助)

75~100%(全介助)

・2人介助が必要。

※シャワー浴を行っている患者が、浴槽に入るようになると点数が下がることがあるが、原則通り”しているADL”での介助の量を評価する。

FIMの総論にもどる→

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。