自律神経過反射のメカニズム!血圧上昇と徐脈が生じる理由とは?

自律神経過反射(じりつしんけいかはんしゃ)は、
T5,6(第5、6)胸髄よりも上位で損傷した
脊髄損傷者にみられる自律神経障害です。

麻痺域の疼痛刺激(例えば下肢の疼痛刺激)、
膀胱壁の拡張刺激などが引き金となって
血圧上昇や徐脈、皮膚温低下、頭痛などの
症状が生じます。

Sponsored Link

自律神経過反射のメカニズム

自律神経過反射を生じさせる誘引で多いのが
膀胱の拡張です(尿が多量に貯まるなど)。

膀胱の拡張などの刺激

求心性刺激として脊髄へ

刺激が脊髄を上行

刺激を受けた部位の交感神経が活性化

交感神経が活性化すると
血管が収縮して血圧上昇します!

血圧上昇

大動脈弓、頸動脈洞にある圧受容器が
血圧上昇を感知

血圧を下げるため、迷走神経が活性化

迷走神経は、交感神経とは逆の働きを
しますので・・

心臓をコントロールして心拍数を下げる
徐脈となります。)

副交感神経が優位になれば、通常は
交感神経が抑制されますが、
T5、6で脊髄が損傷されているため
中枢からのコントロールがT5、6でストップします。

T5、6までの交感神経の興奮状態が継続

身体の大部分の領域での血管収縮が継続
(下の図を参考にしてください。)

血圧上昇は、殆ど改善されない
(高血圧の状態が持続)

圧受容器は作動するため
徐脈も継続

損傷部位は?

T5,6(第5、6)胸髄よりも上位です。

ですので、頸髄損傷はすべて含まれます。

Sponsored Link

自律神経過反射のメカニズム(図)

自律神経は、交感神経と副交感神経からなります。
詳細は、こちら↓↓

関連記事

自律神経の部位は身体のどこにあるのか? 自律神経について詳しく調べてみると、 結構、複雑になっており、12脳神経や 脊髄神経などと違って、自律神経の部位が どこにあるのか分かりにくいですね。 自律神経は、交感神経と副交感神[…]

自律神経の部位を示した大まかな図(↓)です。

 

自律神経過反射のボーダーとなるT5,6ですが、
理由があります。

T5、6は、何を意味するのか?

T1からL2までの間には、交感神経があります。
副交感神経は、ありません。

T1からT5、6
・・頸部や胸部を支配

T5、6からL2
・・腹部(臓器)、骨盤内臓器を支配

上記のように、
交感神経が支配している部位は
T5,6を境に大きく異なります。

自律神経過反射で血圧上昇が生じる理由

フローチャートで示している通り、
膀胱の拡張や下肢からの痛み刺激などが
交感神経を活性化させるため血圧が上昇します。

自律神経過反射で徐脈が生じる理由

これも、フローチャートで示している通りです。

急激な血圧上昇

圧受容器が作動

副交感神経(迷走神経)が活性化

心拍数を少なくする

T5、6で脊髄が損傷されているため
中枢からのコントロールがT5、6でストップ!

心拍数を少なくしても血圧上昇が継続

圧受容器の作動が継続

徐脈

自律神経過反射の際の対応

臥位の場合は、座位へ

臥位で自律神経過反射が生じた場合は、
姿勢を座位へ体位変換します。

血圧上昇による脳出血などのリスクを
避ける意味があります。

自律神経過反射が発生している座位
の脊髄損傷の人を臥床させるのは☓(禁忌)です!

自律神経過反射の原因を除去

自律神経過反射の原因を特定して除去。

膀胱の拡張などが生じている場合
・・排尿・排便

褥瘡、下肢など、疼痛刺激が発生している
部位の確認と対処。

 

関連記事

錐体路の経路と覚え方と上位運動ニューロンについて解説します! 錐体路って分かっているようで、何となく分りにくいですね^^   どこから、どこまでが錐体路になるのか? 錐体路に含まれる経路は、具体的に何なのか[…]