masticatory muscle 咀嚼筋(そしゃくきん)について(まとめ表)

Sponsored Link

咀嚼筋
masticatory muscle

咀嚼する際に下顎の運動をつかさどる筋群で,頭蓋から起こって下顎骨に付く.

深部にあり深頭筋ともいわれます.

全て三叉神経の第3枝(下顎神経に支配される.

外側翼突筋は口を開きますが、他の筋はすべて口を閉じる作用となります。(動画リンクあります。)

1.咬筋(動画リンク)
masseter

起始 浅部:

頰骨弓の前部と中部から後下方へ

深部:

頰骨弓の前部と後部,その内面からほとんど垂直に下る

停止 浅部:

咬筋粗面※の下部

深部:

咬筋粗面※の上部

作用 下顎を挙上する
髄節
神経 下顎神経

咬筋粗面masseteric tuberosityは、咬筋が付着する粗面で下顎枝および下顎角の外面にある.

2.側頭筋(動画リンク)
temporalis

起始 側頭骨の側頭面全体,側頭筋膜の内面
停止 下顎骨の筋突起,下顎枝
作用 下顎を挙上し,後方へ引く
髄節
神経 下顎神経

 

3.外側翼突筋(動画リンク)
pterygoideus lateralis

gaisokuyokutotu
起始 上頭:

蝶形骨の側頭窩稜,蝶形骨大翼の側頭下面

下頭:

翼状突起の外側板の外面,上顎結節

停止 下顎骨の関節突起,関節包,関節円板
作用 下顎を前に引く(両側)
口を開く(両側)
下顎を反対側へ引く(片側)
髄節
神経 下顎神経

 

4.内側翼突筋(動画リンク)
pterygoideus medialis

naisokuyokutotu
起始 蝶形骨の翼状突起後面の翼突窩から後下方へ
停止 下顎骨内面の翼突筋粗面
作用 下顎を挙上し,反対側へ引く
髄節
神経 下顎神経

Sponsored Link

下顎骨に対する咀嚼筋および舌骨上筋群の作用

挙上

(口を閉じる)

下制

(口を開く)

側方運動 前方突出 後退
咬筋 ××× ×

(同側)

×
内側翼突筋 ××× ×××

(対側)

×
外側翼突筋(上頭) 関節円板の安定,適合 ×××

(対側)

×××
外側翼突筋(下頭) ××× ×××

(対側)

×××
側頭筋 ××× ×

(同側)

×××
(後部線維)
舌骨上筋群 ××× ×

オトガイ舌骨筋,顎舌骨筋,顎二腹筋(前腹)のみの直接作用

運動に関与する強さ  ×××:最大  ××:中等度  ×:最小  -:なし                   (Neumann, Donald A.)

解剖学(目次)New !へもどる➡

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。