Sponsored Link

ブログで解説!50回理学療法士・作業療法士国家試験問題 50P64(レム睡眠)

Sponsored Link

64. レム睡眠について正しいのはどれか。
1.筋緊張が亢進する。
2.脳波は高振幅である。
3.入眠直後に多くみられる。
4.急速眼球運動がみられる。
5.一晩に20回程度みられる。

Sponsored Link

【解説】

振幅とは?

一秒間に繰り返した波の数が周波数で、単位はHz(ヘルツ)です!

この波の高さの高いものが振幅amplitudeが高いということになります。

一般に、最も振幅の高いのはδ波で、小さいのはβ波です(下図参照)。

各脳波の周波数と振幅の画像(リンク)があります。

脳波ー2

 

レム睡眠(REM睡眠)

Rapid eye movement sleep, REM sleepと言われ、急速眼球運動を伴う睡眠(英語の訳のとおり)です。

骨格筋がリラックスして弛緩していますが、脳は覚醒状態し活動した状態です。
そのため、寝ているのに脳は覚醒しているため逆説睡眠とも呼ばれています。
脳波は、θ波(4~7Hz)が優勢で覚醒時と同様の振幅を示します。

入眠時にノンレム睡眠が現れ、約1時間以内に最も深い段階4に達し、約1時間から2時間ほどで徐々に浅くなってレム睡眠になります。
以後はノンレム睡眠とレム睡眠を交互に繰り返します。
レム睡眠は90分おきに20 – 30分間続き、6 – 8 時間の睡眠で 4 – 5 回現れます。

 

答え

4.急速眼球運動がみられる。