<解説>第50回理学療法士国家試験問題(50P15) 心電図

心電図の読み方についての問題です。

15.肢誘導における心電図を別に示す。正しいのはどれか。

1.心房細動

2.心房粗動

3.Ⅱ度房室ブロック

4.心室期外収縮

5.心室頻拍

50p15
Sponsored Link

【解説】

1.心房細動の特徴

P波が無く、f波と呼ばれる細かな基線のゆれがみられることと、QRSの出現が不規則(RR間隔が不規則)となることです。

sinnbousaidou

2.心房粗動の特徴

P波が無く、F波と呼ばれる粗動波(鋸歯状波)がみられ、QRSが一定間隔(RR間隔は一定)となることです。

sinnbousodou

3.Ⅱ度房室ブロック

①ウェッケンバッハと②モビッツⅡ型があります。基本的に房室ブロックではPR間隔が長く(0.2秒以上)なります。

①ウェッケンバッハの特徴

PQ間隔が徐々に延長して、突然QRSが脱落することです。

wekkenbaha

②モビッツⅡ型の特徴

PQ間隔の延長があるが、その間隔は一定で、突然QRSが脱落することです。

mobittu2

4.心室期外収縮の心電図の特徴

P波を伴わない幅の広い(0.12秒以上)QRSと、QRSと逆向きの幅の広いT波の出現です。これは、正常な洞調律よりも早く心室が興奮するために生じます。

kigaisyuusyuku

5.心室頻拍

心拍数が1分間に120回以上で心室期外収縮が3連発以上出現するものをいいます。


解答

4.心室期外収縮

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。