<解説>第50回理学療法士国家試験問題(50A18)フローボリューム曲線

18.62歳の男性。スパイログラムのフローボリューム曲線を図に示す。最も考えられるのはどれか。

50A18

1.肺癌

2.肺線維症

3.肺葉切除後

4.上気道狭窄

5.慢性閉塞性肺疾患

 

Sponsored Link

【解説】

フローボリューム曲線

※縦軸は、気流量(呼出スピード)

慢性閉塞性肺疾患COPDでは、中枢(気管や主気管支)にある空気が一気に出されるため、最初の呼出スピードはありますが、その後は末梢の気管支の空気が出にくく、ピークフローが下がって図のBのようになります。

拘束性で肺活量が少ない場合、気流の速度(流速)は、残っている空気の量に比例するため上図のCのようにピークフローが低下します。

 

※横軸は、肺内空気の容量

肺気量が少なく全肺気量(TLC)の地点まで吸息できない場合、図のCのように呼息のスタートが右に移動します。また、残気量が多い慢性閉塞性肺疾患(COPD)の場合、肺内の空気を全て出せないため、呼出終了地点が左へ移動し、図のBのようになります。

 

設問のフローボリューム曲線は?

縦軸のプラス側(上半分)が呼息、マイナス側(下半分)が吸息を表しています。呼出開始は、遅れておらず、解説の図Bのような典型的なCOPDの図となっています。

 

下のサイトも参考になります。

やさしい呼吸器教室(http://tnagao.sblo.jp/article/55330076.html)

 

答え

5.慢性閉塞性肺疾患