中林美恵子早稲田大学教授のプロフィール!大統領選挙の解説や学歴も!

NHKや「ひるおび」など各局での大統領選挙の解説で明快なコメントをされている中林美恵子(なかばやし みえこ)さんのプロフィールが気になったので調べてみました。

現在(2020年11月)早稲田大学教授(社会科学総合学術院)だけあって、客観的なデータ示しながらの解説も非常に分かりやすいですね。

はじめて見た方は、スバズバ言いながらスマートな語り口の解説に驚いてしまうと思います。

一体、どんな方なんでしょう?

結婚相手の方も気になりますね・・。

Sponsored Link

中林美恵子(なかばやし みえこ)のプロフィール

一番右端の方です(はい!)

生年月日・年齢

1960年9月24日生まれ

年齢・・60歳(2020年11月現在)

出身地

埼玉県深谷市戸森

(渋沢栄一さんの生家、渋沢栄一記念館の近くとのことです。)

おそらく、この地図の中に生家があると思います。

身長

172cm とコメントされています。

 

学歴

一番気になるのは、まずは学歴ですね。

 

深谷市立大寄幼稚園

埼玉県深谷市にあった、この幼稚園については、廃止のため解体されているとのことです。

 

深谷市立大寄小学校(埼玉県深谷市)

深谷市立大寄中学校(埼玉県深谷市)
・・1979年に統廃合のため閉校となっています。

埼玉県立本庄高等学校
・・県立の男女共学の進学校です。本庄高等学校出身の有名人として、中林美恵子さんの名前があります。

 

跡見学園女子大学(文学部)卒業
・・1965年設立の私立の女子校です。本部は、東京都文京区大塚1-5-2にあります。前身の私立跡見学校は、漫画「はいからさんが通る」のモデルとなった学校で有名です。

新座キャンパス(埼玉県)と文京キャンパス(東京都)があります。新座キャンパスは、大学1,2年次に学ぶ学校で、文京キャンパスは3,4年次に学ぶ学校に指定してあります。

中林美恵子さんは、もともと埼玉県出身のため、跡見学園女子大学に進学されたものと考えられます。

 

アメリカワシントン州立大学大学院(政治学部)修士課程
・・Washington State University ワシントン州プルマンに本拠地を置く大学で1890年に設立されてます。称WSU、ワズーと呼ばれています。

この学校に進学した理由は、アメリカの安全保障について学ぶ目的があったからとのことです。また、当時この学校に在籍されていたパトリックモーガン氏の存在が大きかったとのこと。

パトリックモーガン氏は、核抑止論に関する国家間の安全保障の考え方について理論化された方とのことです。

 

大阪大学大学院(国際公共政策研究科博士後期課程修了)大阪大学博士(国際公共政策)
・・言わずとしれた、阪大です!

Sponsored Link

トランプ大統領に詳しい理由は?

アメリカの政治、財政が研究テーマとされており、著書には「トランプ大統領はどんな人?」、「トランプ大統領とアメリカ議会」などを出版されています。

 

女性の社会進出に関する著書は?

 

 

結婚相手について

米国ワシントン州立大学大学院へ入学。卒業後は、米国の国家公務員として、連邦議会上院予算委員会に日本人で初めて正規採用。その後約10年、米国の財政・政治の中枢で公務に専念し、結婚を機に帰国・・

「グローバル人材になれる女性のシンプルな習慣」解説文より

結婚を機に帰国となっています!

アメリカの政治の真っ只中で活躍されていたことも驚きですが、結婚されたことでスパッと日本に帰国されるあたりも、行動力、決断力がありますね。

ご主人の誕生日は、2月13日のようですね~!

このツイートから、ご主人への愛を感じるのは、私だけでしょうか^^;

なんせ、この前後のツイートは、その当時の衆議院予算委員会など仕事のツイートが連投されていましたので・・。

ご主人の写真、画像までは掲載されていません。

 

スポーツ・趣味について

中学校では、身長を生かしてバレーボール部に所属!

県立の女子高校からスポーツ特待の誘いが来るほどの腕前だったとのことです。

 

経歴

まさに、輝かしい経歴の持ち主です!

すごいですね。

 

1992年
・・アメリカの永住権を得る
・・米国家公務員として連邦議会上院予算委員会に正規採用

1993年1月~
・・上院予算委員会の共和党(ピート・ドメニチ委員長)側に勤務

1994年
・・日経ウーマン誌「1994年ウーマン・オブ・ザ・イヤー(政治部門)」受賞

1996年
・・アトランタ・オリンピックの聖火ランナー

 

2002年
・・日本に帰国

遠距離恋愛していた彼(ご主人)と結婚するために帰国されています。

また、911があったことも帰国理由の1つとのこと

 

~2005年
・・独立行政法人経済産業研究所研究員

2006年
・・跡見学園女子大学(母校)の准教授

学識経験者として
・・財務省・財政制度等審議会委員、文科省・科学技術学術審議会国際委員会委員、経産省資源エネルギー庁総合資源エネルギー調査会委員、衆議院法制局・調査局客員調査員などを歴任

2009年
・・衆議院議員選挙に神奈川県第1区から立候補して当選(民主党)

2013年
・・早稲田大学准教授(留学センター/グローバルリーダーシッププログラム)

2017年
・・早稲田大学教授(社会科学総合学術院)

2018年
・・米国マンスフィールド財団の名誉フェローに就任

最後になりましたが、大統領選はどうなりますかね~!