げっ歯類の名前の由来は何?ハンタウイルスとの関係は?

げっ歯類は、漢字で齧歯類で、読み方は「げっしるい」です。

ネズミやリスなどが属しており、
最近、ハンタウイルスとの関係も指摘されてる動物です。

ネズミ目とか齧歯目と同義語となります。

気になるのは、げっ歯類の「げっ」って何なのか?

名前の由来について調べてみました。

Sponsored Link

げっ歯類の名前の由来

げっ歯類は、漢字で齧歯類です。

ちょっと分かりにくい漢字ですね。

齧歯類

です。

これなら分かりますね。

齧歯とは?

げっ歯類の「齧歯(げっし)」には、
どういう意味があるんでしょう?

・・かむ、かじる

の意味を持っています。
訓読みでは、か(む)、かじ(る)と読みます。

通常「かむ」は、「噛む」ですが・・

・・歯のことです。

ということで、

齧歯には、
かむこと、かじること、歯が関係している
ことが分かります。

伸び続ける歯が関係!

げっ歯類の動物の特徴には、
門歯(=切歯)が常に
伸び続ける
特徴があります。

リスやネズミの門歯は、常に物を
かじっていないと、門歯が伸びすぎてしまいます。

門歯の長さを一定に保つためには
物をかじり続けることが必要なんです。

門歯(もんし)は、切歯(せっし)とも
言われ、いわゆる前歯のことです。

上下に合計8本あります。

Sponsored Link

げっ歯類の「げっ」とは?

げっ歯類の「げっ」は、漢字の「齧歯」の
「齧」にあたる部分です。

「齧」には、
「かむ」「かじる」
という
意味があります!

リスやネズミは、門歯(切歯)の長さを
一定に保つため、物をかみ続ける必要があります。

そのような特徴のある動物にピッタリの
分類の名前が齧歯類ということになります。

齧歯類の動物とは?

げっ歯類の系統は?

齧歯類は、系統的にネズミ亜目、リス亜目、ヤマアラシ亜目に分かれます。

ですので・・

齧歯類に属する動物には

リス、ねずみ、ヤマアラシが主な動物となります。

げっ歯類の種類と数は?

でも、
その種類はものすごく多く、
3000種類とも言われています。

げっ歯類は、哺乳類全体(4300~4600種類)の
過半数を占める哺乳類の最大勢力なんです^^;

不老不死のカギを握るハダカデバネズミとは?

通常のネズミの約10倍の長寿(約30年生きる)
ハダカデバネズミというネズミがいます。

ガンへの耐性があったり、酸素がない状態
でも18分間も大丈夫という研究結果なども
報告されています。

日本では、動物園でしか確認できません。

生息域は、ケニア、エチオピア、ジブチ、
ソマリアと言われています。

ハンタウイルスとの関係は?

原因不明の風土病とされていた腎症候性出血熱
は、ハンタウイルスによって生じることが
分かっています。

中国、韓国、旧ソ連など(ユーラシア大陸)での流行が確認されています。

感染に関係している動物として「げっ歯類」、
トガリネズミ目などの小動物が指摘されています。

これらの動物が自然宿主(しぜんしゅくしゅ)
となって、人に感染することで発症します。

げっ歯類の動物が、宿主なんですが
その動物自体には、特に病原性を示さない特徴があります。

ですので、

人にハンタウイルスが伝染した場合が、
やばいということになります。

日本での流行はあるのか?

1960年頃から約10年間にわたって
大阪梅田を中心として119人が腎症候性出血熱
(HFRS)を発症している記録があります。

梅田奇病という名前がつけられています。