唐揚げガッテン流レシピの作り方!揚げ時間や温度の見分け方も

NHKのためしてガッテンで唐揚げを
カラット揚げるコツが紹介されました。

イカリング、エビフライ、アジフライ
などのレシピも具体的に紹介されています。

家庭で簡単に、しかも美味しく
唐揚げを作る極意です。

塩を使った油の温度の測り方や
ころもをつける前準備の極意なども
分かりやすいですよ。

これは、目から衣・・じゃなかった
目からウロコですね。
(^_^;)

Sponsored Link

唐揚げガッテン流の揚げ方(レシピ)

ガッテン流では、
油は2cm、
180度の温度を塩で見極めて
衣には、バッター液を活用します。

温度(180度)の見極め方

温度センサーのついている鍋でも
実際の油の温度と温度センサーの
温度が同じとならないこともあります。

温度の見極め方では、結論的に
言うとガッテン流では「塩」を使います。

パン粉での温度の測定方法は、
パン粉をフライパンに入れた瞬間に
勢いよくパン粉が広がると
目標の温度(180度)となっています。

でも、パン粉を使わないような商品も
出ているため、もっと簡単に
分かるようにするには「塩」です~!

油の温度を確かめる時には
油を箸などで、よくかき混ぜてから
温度を均一にしてから測定します。

塩を180度の油に入れた時には、
ジャーと
弾けるような高い音がすぐにします。

油の温度が低いと、少し間をおいて
から低いプチプチというような音が
します。
見た目も静かです。

ちなみに、油から煙が出たら
200度越えてますので危険です。
すぐに火を止めて冷ましてください。

Sponsored Link

バッター液の作り方

小麦粉や卵などを水で溶いたものです。

卵・・1
小麦粉・・大さじ4
水・・小さじ2

これで、カツなら2枚
イカなら2杯、エビなら10尾分の
分量です。

手でよく混ぜます~

ホットケーキミックスぐらいの
柔らかさになればOK!

衣の付け方

バッター液をつけてから
衣をつけます。

付け方は、できるだけ大量の
パン粉を用意して、材料全体を
包むようにしたら、両サイドから
包み込むようにしてつけます。

揚げ方のポイント

鍋の油をぐるぐる回す

意外ですが・・

具材を180度の油に入れたら
油の温度を一定に保つために
箸などで油をかき混ぜます。

重要な作業です。

早くカラット揚げるためには
この技が必要ですね。

イカリングの揚げ方(レシピ)

美味しそうです~

まずは、イカを1cm幅に切ります。

キッチンペーパーなどで水気をとります~

バッター液をつけます。

その後、パン粉をしっかりつけます。

10秒間したら、ひっくり返して裏を
5秒ほど揚げて完成です。

エビフライの揚げ方(レシピ)

これまた美味しそう~♬

エビのしっぽを切ってエビから
余分な水分を出します。

おなか側に切れ目を入れて
まっすぐ揚がるようにします。

このように一度、まっすぐにします。

おなか側から180度の油にゆっくり入れます。

ゆらゆら揺らしながら20秒ほど加熱していきます。

揚げたら、立てて置いて3分ほど予熱で
加熱します。

アジフライの揚げ方(レシピ)

アジフライの作り方です。

油に入れてから10秒ほどは触れずに
衣が固まるのを待ちます。
この間は強火です。

その後は、他と同じで
油を混ぜます。

両面を1分ほどゆらゆらしながら
キツネ色になるまで揚げます。

フライは立てて油を切ります。

バッター液は、プロもやっている
裏技とのことです。

美味しいフライを食べたくなりました~♬