まな板 京都の最高級品は何が違う?価格や購入者の声も!

NO IMAGE

テレビや雑誌でとりあげられている
京都にある「まな板」の老舗!

眠れる森の美術館でも
とりあげられるかもしれませんね!

ところで、

白木屋さんが作る究極の「まな板」は
普通のものと何が違うんでしょうか?

最近では、ガラスやゴムで出来た
ものや抗菌作用のある特殊加工
を施したものまで色々と
ありますが・・

 

Sponsored Link

何が違うの?

一流のプロが愛用する「まな板」
何が違うんでしょうか?

最高級のまな板の木は、ねこ柳です!

所さんの目がテン!でも
「柳」のことが紹介されました!

その中で、柳は建材には向かないが、
軟かく、木目などに関わらず、
それが一定であり、まな板には最適!

 

職人 吉田弘さん

まさに、職人です!
私も、職人の方は大好きです!
一流になれば、なおさらです^^

<経歴>

昭和13年に生まれる
昭和41年・・家具作りを継承
昭和47年・・まな板つくりを開始
昭和49年・・白木花器台が京都府・京都府物産協会の新商品コンクール優秀賞を受賞

 

白木屋の職人「吉田弘」さんは、
良いまな板の条件として・・

① 木が柔らかい!

包丁の刃が傷みにくく、
包丁のあたり具合が心地よい。

包丁も縦横に引きやすい!

② 食べられる木

まな板は、何年も使っていると
すり減ります。
その分、人が食べていることに
なります!

虫もつかないような木は、
人の身体によくないという
考え方です!

 

③ 長年使える状態に加工

木の特徴として、長年使っていると
反ったり、曲がったりします。

そのことを分かった上で
まな板を加工し、使いにくく
ならないように調整します!

30年、40年と使えるまな板
をつくられています!

 

④ 数百種類のサイズ

表札サイズから
特大サイズ(800×420×80mm)
のものなど

数百種類のまな板を一枚一枚
吟味しながらつくられています!

もちろん、工場生産品ではありません!

 

⑤ 「まな板」の木になるまで

伐採した木を乾燥させます(5~7年)

その木の一番いい部分を「まな板」に
します!

約8割は捨ててしまうことに!

 

⑥ 木材の仕入れが特別

白木屋さんで使っている木は、ねこ柳、
榧(かや)、柳、ほお、イチョウなど
8種類を仕入れています!

それも、地元の製造業者からです!

通常は、製材業者しか参加できない
木材市場ですが、白木屋さんは
特例として許されています!

まさに、職人が認める存在です!

 

Sponsored Link

京都の最高級「まな板」

白木屋

京都駅から車で約2時間かかります!

 

ネットでの購入について!

↑の楽天ショップに白木屋のまな板があります。

白木屋の焼印が入っているものなら

 

何年たっても1,500円(送料はお客様負担)
で削り直してくれます!

まさに、一生ものです!

 

購入者の声は?

大変素晴らしいまな板です。

初めての木のまな板なのですが、
思い切って良いものを選んで良かったです。
一生ものとして愛用させていただきます。

届いたまな板は、本当に素晴らしいものでした。
これで、がっかりする人は絶対いないと思います。
サイズは、25.4×38cmでした。

見た目より軽く、かといって軽すぎずちょうど良い重さ。
片面は家具か?と思うほどツルツルのスベスベ。

切ると包丁がピタッとまな板に吸い付くような感覚で、
衝撃も吸収され、楽に切ることができると感じました。

翌日、包丁キズが目立たなくなっているのにも驚きました。
もう、このまな板しか使いたくないです!

お手入れも、特に面倒なこともないですし、
一生付き合っていけると確信しています。

本当に、思い切って良かったです。

初めての高級まな板です。
結婚を機に購入しました。

いちょうの木の質感といい、厚み重量といい、とても気に入りました。

商品と一緒にお手紙が入っていて、長く使うためのコツや注意点が丁寧に書いてあり感激しました。

これから毎日お料理が楽しみになりそうです。
ありがとうございました!

本物に間違いは無いですね!