ゾンビ病(リーシュマニア症)の原因や症状!犬も感染源ってマジ?

ゾンビウィルスと俗に言われるウイルスが原因の「ゾンビ病=リーシュマニア症」って怖いですね!

まさに、リアルバイオハザードです。

すでに、約90カ国で1200万人とも言われる感染者が出ています。

また、対応には物々しい防護服が着用されている映像があります!

映画みたいに、感染者が噛み付いたら感染するんでしょうか?

 

Sponsored Link

ゾンビ病(リーシュマニア症)

症状

怖い名前ですね!

なぜ、ゾンビ病という名前がつけられているかというと、

ゾンビのように(?)、皮膚などが腐っていく症状が特徴だからです!

まさに、生きたまま腐っていく状態となります!

 

3つの種類があります!

(1)皮膚リーシュマニア症

リーシュマニア症で最も多いものです!

出血や、手足や顔の変形も見られることがあります。

感染した皮膚の部分が、数週間から数ヶ月で腫れてきてコブができます。

その後、徐々に大きくなり潰瘍(かいよう)となり、見た目が腐ったようになります。

潰瘍部分も痛みがありまが、通常は自然治癒して行き、数ヶ月から数年で完全に治癒します。

 

(2)内臓リーシュマニア症

一番、ヤバイケースです!

数ヶ月から数年かけて症状が現れます(サシチョウバエに咬まれて2ヶ月から8ヶ月で発症)。

発熱、体重減少、脾腫(脾臓の腫れ)、肝腫(肝臓の腫れ)などが起こり、放置すると数週間から数年で殆どの場合、命に関わる状態となります。

 

(3)皮膚粘膜リーシュマニア症

ビアーニア亜属のリーシュマニアなど特定のタイプの原虫からの感染により発症したリーシュマニア症から口腔、鼻、咽頭、食道などの粘膜に転移して発症します。

皮膚リーシュマニア症が完治せずに何年も経過してから発症する場合もあります。

初期症状は、鼻血や口腔(くちのなか)の違和感などが感じられ、次第に粘膜の破壊へと進行します。

Sponsored Link

原因

感染によって発症します。

感染原因は、リーシュマニア原虫です!

このリーシュマニア原虫は、脊椎動物(当然、人も含まれます)の細胞内に寄生してリーシュマニア症を発症させます!

 

人や犬などの動物へリーシュマニア原虫が感染発症する方法ですが、

サシチョウバエが媒介することが分かっています!

具体的には・・

(1)まず、リーシュマニア原虫が雌のサシチョウバエ(刺蝶蠅)の中に入り込みます!

サシチョウバエは、蚊の1/3ほどの大きさで、ハネの音も殆どしません^^;

 

(2)サシチョウバエの雌は、人や犬を刺しますが、その時にリーシュマニアの原虫が体内に入り込みます。

犬がリーシュマニア症に感染し、逆にその犬から新たなサシチョウバエが感染して、そのサシチョウバエが人を咬むことで発症することにもつながります!

ですので、日本ではなく、海外に旅行に行った際にはペットの犬がリーシュマニア症に感染しないようにする配慮も大事です!

発症した犬を日本に連れ帰ってくると大変なことになりますので・・・!!

 

(3)すると、人体の中にあるマクロファージにリーシュマニア原虫が感染します!

(4)マクロファージの中でリーシュマニア原虫は成長し、形態を変えて行きます。

(5)形態を変えたリーシュマニア原虫がマクロファージの中で増殖してリーシュマニア症を発症します!

 

サシチョウバエは日本にいるの?

第62回日本衛生動物学会大会で発表の三條場 千寿らの調査によると、

1956年に青森県で9頭のサシチョウバエ採取さえてから

50年間ほどは国内での報告例はありませんでした。

 

2008年の再調査では?

秋田県で27頭(雄15頭,雌12頭)、

群馬県で491頭(雄369頭,雌122頭)、

鳥取県で3頭(雄1頭、雌2頭)、

沖縄県で192頭(雄157頭,雌35頭)が採集されています。

 

要するに、日本にもいるということです!

論文を発表された三條場 千寿さんらも、

サシチョウバエが媒介する諸感染症に対する警戒を行う必要があると警笛を鳴らされれています!

 

治療方法

抗真菌薬なども使われているようです。皮膚粘膜の治療には、液体窒素による凍結療法や高周波加熱も行われています。

内臓リーシュマニア症には、ミルテホシンという薬剤が飲み薬として推奨されています。

詳細は、専門の医療機関にご相談ください!

 

予防は?

現在、研究がすすめられていますが、利用可能なワクチンまだ無いようです!

ということで、薬剤による有効な予防はできないのが現状のようです!

サシチョウバエに咬まれないようにするのが一番なんですが^^

最終兵器として、アリスを呼んできますか!!

感染予防には、効果がないかもしれませんが・・・!

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。