クリントンVSトランプ!テレビ討論の服装の色は何を意味する?勝敗を推理!

ついにヒラリー・クリントンClintonとトランプTrumpの直接対決がテレビで中継されました!

大統領選の勝敗を決定づける可能性が高いこのテレビ討論会Presidential Debateです!

クリントンは真っ赤な礼装に身を包み、一方

トランプは、スカイブルーの真っ青なネクタイをつけての対決となりました。

現在、支持率は、非常に拮抗してきています!

sijiritu

テレビ討論会の様子(翻訳なし)はこちら➡

Sponsored Link

クリントンが選んだ赤は何を意味するか?

赤は、情熱の色です!

メリットは?

格闘技では、赤をつけた選手が勝つ確率が高いことが分かっています!

会議や商談で、自分のぺーすに持っていきたい場合は有効な色とされています。

 

風水では、前向きでポジティブなパワーを表す色でもあります。

 

自分のモチベーションを高めるにはふさわしい色です。

健康運がアップするとも言われています。

 

見た目について、全身が赤のスーツを着ていることもあり

顔色がよく見えるメリットがあります。

これも、よく考えられた戦略です。

 

ただ、自分の体調が悪かったりすると逆に疲れを感じてしまう色です。

クリントンさんは、最近選挙中に体調を崩すことがありましが、

そのこともあり、今回あえて赤色の服装をチョイスされたものと考えられます。

kurinton

デメリットもあります!

相手からの印象。すなわち、

この討論会を見ている有権者からの印象ですが、

あまりに強い赤(クリントンは全身、赤色)だと、

見ている方は、イライラしやすく、落ち着かなくなります。

 

ワンポイント程度に留めるべきだったかもしれません・・・?

トランプが選んだ青は何を意味するか?

青は、落ち着かせる色です!

メリットは?

「冷静・沈着」という印象にはもってこいです。

「信頼や誠実」などの良いイメージにもつながります。

 

そして、見ている人ほ気持ちをリラックスさせる作用があります。

 

クリントンの真っ赤なスーツに対し

クールな青を色として選択したのは、正解だったかもしれません。

 

ビジネスの世界では、成功の鍵とまで言われる色です。

 

デメリットは?

冷静・沈着が行き過ぎると

冷たい人間だと悪いイメージに変わることもあります。

不安や冷酷などのイメージにもつながることがあります。

選挙の勝敗は?

討論会での勝利が選挙の勝利につながるとすれば、

単純に服の色から判断すると、赤を選んだクリントンさんです!

しかし、

討論会の会場は、異常なまでの高揚感に包まれた場所でもあります。

そこでは、クリントン有利ですが、

テレビを見ていた人の印象では、

青を選んだトランプさんの方が、全身真っ赤な色に身を包んだクリントンさんよりも好印象になったとも考えられます。

 

微妙なところです!

 

CNNではヒラリー・クリントンが勝利とした有権者は62%、ドナルド・トランプが勝利としたのは27%でした。

 

投票日まで40日余り!

まだ、完全決着とはなっていません!

今後の行方を見守りたいと思います。

オバマさんの服装は?

obama

オバマさんは青ですね!

夫のBill Clintonの時は?

clinton

三人とも同じような感じのネクタイです!

少し、Bill Clintonの赤が多いかなあ?

 

対抗相手が、討論会の最中に

下のような失態を撮られたこともあり、

結果的には、Bill Clintonが大統領に選出されます!

これも、当時は話題となりました!

taikou
Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。