藤田倭ソフトボール女子みらいのつくりかたで紹介!力の原動力とは?

ソフトボール女子日本代表選手藤田倭(ふじた やまと)選手が、「みらいのつくりかた」で紹介!

Sponsored Link

注目動画は?

藤田選手のコメント動画もありますよ!

動画ですが、スポーツ選手ですが、なんとなく、ほんわかしていて良いですよ!

名球会前田智徳選手との対決動画もあります!

こちらもとっても面白いですよ!

プロ野球選手に通用するか?

taiketu

番組では、藤田選手が、競技人生の中で挫折や逆境をどのように切り開き

未来へと道を切り開いていったかが紹介されます。

藤田倭選手は?

1990年12月18日生

日本代表に初選出は、2012年カナダで行われた女子ソフトボール世界選手権です。

中学時代から地元(長崎県佐世保市)でも有名なピッチャーでした。

 

あの上野由岐子投手(北京五輪メダリスト)の後継者としての期待も高かった選手です。

 

高校時代(佐賀女子高校)では、高校1年生で全国大会で優勝!

1,3年生の時は国体選抜のエースとしても活躍しています。

その当時で、すでに時速100kmを超える豪速球ぶりでした。

ストレートには絶対の自信をもっていました。

挫折!

そんな、藤田選手でしたが、U-19日本代表に選出されながらも

投手としての出番はなく、

太陽誘電に就職してからも1年目は、ほとんど出番がありません。

その時のことを

「投手として見てもらえなくて悔しかった」と語っておられます。

 

ここで、もう一度、初心に帰り

ストレートへのこだわりを捨て、変化球の技術を磨くことに意識を変えています!

 

そんな時、チャンスが訪れます。

実業団2年目で、敗戦処理としての投球での起用から、徐々に中継ぎ、抑えと

結果を残していくと

先発に起用されます。

その時の相手は、トヨタ自動車!

0:1と破れはしたものの、モニカ・アボット選手(当時MVP選手)と互角に投げ合う力投を見せます!

 

小さい時からの夢は「中心選手として世界一になること!」

やはり、目標がしっかりしています!

太陽誘電での活躍

2015年は、防御率1.94 ホームラン7本とまさに「ソフトボール界の大谷翔平」!

素晴らしい二刀流の選手!

fujita

チームメイトのコメント?

fujitayamato

太陽誘電での主力4選手!

一番右が藤田選手、その左が佐藤みなみ選手、河野美里選手、一番左が原田のどか選手。

原田選手:「最初はちょっと怖かったけど、最近になって藤田さんの言葉がわかってきました。」

河野選手:「実は結構ナイーブでネガティブなところあるよね。」

佐藤選手:「わかる!苦手なバッターはずっと苦手。」

河野選手:「単純なんだから、なんでも佐藤と相談したらいいんだよ!」

藤田選手➡「ちなみに一番苦手なバッターは河野さんですよ(笑)」

fujita-2

やっぱり仲良しですね。(河野選手:左と藤田選手:右)

男性のタイプは?

私は自分にあんまり干渉して欲しくない!

一緒にいて楽なのがいいよ~。

今シーズンの抱負は?

投打において豪快をテーマに頑張ります!

チームが日本1になれるようにベストを尽くします!

 

藤田選手頑張ってますね!

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。