失調症の種類とロンベルグ検査について<まとめ>

Sponsored Link

失調症の種類・原因・症状<まとめ>

小脳性 脊髄性
(後索性)
迷路性
(前庭性)
末梢神経性 前頭葉性
四肢
失調
測定過大
(hypermetria)(+)共同運動障害
(asynergia)(+)交互反復運動の障害
(adiadochokinesis)(+)
測定過大
(hypermetria)(+)
(ー) 測定過大
(hypermetria)(+)脊髄性失調に似るが、症状は軽い
測定過大
(hypermetria)(+)共同運動障害
(asynergia)(+)交互反復運動の障害
(adiadochokinesis)(+)
体幹
失調
体幹失調(+)

閉眼の影響(ー)

ロンベルグ(ー)

失調性歩行

体幹失調(+)

閉眼の影響(+)

ロンベルグ(+)

後索性歩行(視覚の代償+)

起立歩行時の平衡障害

ロンベルグ(+)

閉眼で患側へ倒れる

体幹失調(+)

閉眼の影響(+)

ロンベルグ(+)

後索性歩行(視覚の代償+)

脊髄性失調に似るが、症状は軽い

体幹失調(+)

 

ロンベルグ(+)

小脳
症候
企図振戦(+)

小脳性言語(+)

(ー) (ー)~(+) (ー) (+)
迷路
症候
(ー)~(+) (ー) 眼振(+)

めまい(+)

回転試験(+)

Calolic test(+)

(ー) (ー)
深部感覚障害 (ー) (+) (ー) (±) (ー)
表在感覚障害 (ー) (±)~(+) (ー) (+) (ー)
錐体路障害 (ー) (ー) (ー) (ー)  (ー)~(+)

 

ロンベルグ検査 Romberg’s test

動画リンク➡ロンベルグテストと(不全)片麻痺のテスト

立位保持をするのに、視覚の影響の有無をチェックする方法。

深部感覚が正常であれば、閉眼しても立位保持は可能であるが、

深部感覚障害があれば、立位保持するのに視覚の代償が必要。

そこで、閉眼させて検査を行い、判定を行うためのもの。

 

このテストが陽性で失調症があれば、深部感覚障害(+)

陰性で失調症があれば、小脳性の失調症が疑われる。

検査方法

被験者は手を体の側面に添え、開眼して足をそろえて立つ。
被験者が目を閉じ、そのまま実施者は一分間観察する。

陽性

被験者は開眼していれば立てる。
被験者が閉眼すると倒れる。

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。