ボス恋最終回の予想!奈未と中沢先輩の結婚相手と結末は?

Sponsored Link



オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)が3月16日(火曜日)に最終回の第10話を迎えます!

最終回まで、もう少しありますが、居ても立っても居られないので最終回のネタバレ予想を書いて(妄想)してみました。

 

オー!マイ・ボス!恋は別冊で(ボス恋)の脚本は、田辺茂範さんが書かれていますが、小説やアニメの原作はありませんので、関係者以外誰も知らない内容です。

マジ予想ですが、最終回の放送でどれだけ当たっているのか見比べるのも面白いと思って書きました。

ハッピーエンドにも色々な終わり方がありますが、どうなるんでしょうね~!

 

目次

潤之介のプロポーズ

プロポーズの返事

俺の奥さんになって・・

一緒に金沢に来てほしい・・。

はい!

よろこんで♡

一瞬で、潤之介のプロポーズを受けてしまった奈未!

でも、

潤之介は、奈未(上白石萌音)が仕事をとるか、潤之介と一緒の生活をとるか確かめる意味も込めてプロポーズをしていました。

その後しばらくは、ラブラブ生活が続きますが・・

奈未は、だんだんその意味に気づき始めます。

そして、仕事中にもボーとすることが多くなって行きます。

 

Sponsored Link

奈未(上白石萌音)の夢

奈美が夢を見つける

編集長の宝来麗子(菜々緒)が雅-MIYAVI-の企画から外されて、新しい編集長の麻美(高橋メアリージュン)のもと新体制でスタートしますが・・

奈未(上白石萌音)も仕事の面白さ、やり甲斐を通して、ようやく自分の夢を見つけます(気づきます)!

実は、

そのことを一番応援していたのは、潤之介でした。

 

潤之介の思い

でも、誰でも夢や生きがいがを持つ必用は無いんじゃないか?

夢ってさ、なきゃいけないのかなぁ?

夢に縛られることを嫌っていたようなことを潤之介自身にも言い聞かせていたようです。

 

潤之介は、ホントはカメラマンとしての仕事をしたいと思っていますが、周りからは認められないことが葛藤となっています。

宝来製紙の御曹司というバックグラウンドがなければ、通用しないということに薄々気づき始めていますが、それでも自分の本当の実力を確かめてみたいという思いもあるようです。

 

莉緒(倉科カナ)の思い

蓮見莉緒(倉科カナ)は、見ていて健気で、なんだか可愛そうで・・。

潤之介の気持ちを誰よりも理解しているのは、やっぱり蓮見莉緒(倉科カナ)かもしれまんせん・・。

 

潤之介に甘えたいけど、潤之介の気持ちを考えて自分の気持ちよりも潤之介と奈未が上手くいくことを最優先する莉緒。

でも、我慢できなくなって潤之介に頼ってしまうことも・・。

莉緒(倉科カナ)の手術の付添を潤之介にお願いしたのも、その一つでした。

 

潤ちゃんは自分の夢に蓋をしてるんじゃないかと思うと、奈美に打ち明けます。

そして、奈未が夢を諦めたり、やりたい仕事を途中でやめるようなことをすると、潤之介が悲しむことを伝えます。

奈未は、莉緒(倉科カナ)の言うことが痛いほど分かっていました。莉緒の説明を聞きながら、奈未の目には涙が溢れそうにしていました。

 

Sponsored Link

潤之介との分かれ

潤之介は、何もかも分かっていたように思います。

プロポーズして、奈未がOKを出した後も、心のそこからは喜んでいないようでした。

婚約指輪をお守り代わりに奈未に渡しますが、・・

 

二人で星空を見に行ったときに、奈未はその指輪を潤之介に返してしまいます。

奈未と潤之介の目には、大粒の涙が溢れていました。

なぜ、指輪を返したかを尋ねることもなく、

 

奈未ちゃん・・

元気でね・・

・・はい。

お互いのことが分かっている二人だから、分かれる理由は、言葉にしなくても十分理解していました。

 

中沢先輩の思い

いつも奈未(上白石萌音)のことを見守っている中沢先輩。

お前が・・

また、泣いてる気がして・・

そう言って、奈未がいつものベンチで号泣しているときに声をかけてくれたのも中沢先輩でした。

 

片思いの中沢先輩は、潤之介にも負けないぐらい奈未のことを思っています。

中沢先輩が奈未が困っているときに手を差し伸べるファインプレーを見せるのは、そのためですね。

 

最近では、ちょっと和泉遙(久保田紗友)の気持ちも理解し始めているようにも思えますが・・。

最終回(結末)の予想

オー!マイ・ボス!恋は別冊でというタイトルの理由も、最終回になって意味が分かるかもしれまんせん。

「恋は別冊で」ですので・・・

最終回の番宣動画の最後には、潤之介の「奈未ちゃん!」と呼びかる声が入っていました。

奈未と潤之介について

一度は、潤之介のプロポーズを受けて婚約した奈未でしたが、第9話では涙の別れになってしまいました。

最終回では、どうなるのか気になるところです。

 

色んな展開が予想できますが・・

ここまでの流れを見ての予想を考えてみました。

 

奈未について

奈未は、自分の夢をようやく見つけて雑誌編集の仕事に没頭することを選びます。

潤之介への思いが有ったため、結婚よりも仕事を選んだ理由の一つです。夢を諦めて潤之介との結婚をすることは、潤之介自身が一番悲しむことでもあったからです。

ただ、それは、潤之介が宝来製紙の跡継ぎとして金沢に行かなければならない場合です。

9話までは、潤之介が金沢に行って宝来製紙を継ぐことになっていましたが・・・

 

宝来麗子(菜々緒)について

最終回では、最終的に宝来製紙を継ぐのは潤之介ではなく宝来麗子(菜々緒)になると思います。

絶縁状態だった宝来麗子(菜々緒)と父との間は、第9話で奈未と潤之介の食事会に出席することで和解しています。

 

編集長としての宝来麗子(菜々緒)の実力を父にも認められたこともあり、父の願いでもあった宝来製紙を継ぐことになるように思います。

潤之介が継ぐ予定のものが、宝来麗子(菜々緒)になるので、すったもんだがあると思いますが、恐らくそうなると予想しています。

もともとは、宝来麗子(菜々緒)が継ぐ予定のものだったので、そうなったら宝来製紙についてはハッピーエンドとなります!

 

麗子(菜々緒)の恋人として、宇賀神慎一(ユースケ・サンタマリア)が再浮上するかどうかは、ちょっと想像できませんが・・。

 

潤之介について

金沢に行って宝来製紙の次期社長としての業務に取り掛かると思いますが、カメラマンの仕事から離れたことでより一層カメラマンとしての仕事や夢について考え始めます。

そして

今まで自分の夢に蓋をしていた潤之介でしたが、心の底から自分の夢に向き合う決断します。

それは、宝来製紙を継ぐことでは得られないカメラマンとしての仕事です。

 

一から、カメラマンとしての知識や技術を学びはじめ、新たな生活が始まる潤之介!

奈未(上白石萌音)には、一人前となるまでは伝えないのでは・・?

 

(※ 潤之介は金沢に行くことがなくなり、奈未も仕事を続けながら潤之介と結婚することができる環境になることを意味します。)

 

10話の予告で「奈未ちゃん!」という潤之介の声は、どういう意味だったのか?

奈未と潤之介が別れた後、潤之介はカメラマンとして活動し始め、奈未は雑誌編集としての仕事が軌道に乗って来ます(予想です)。

二人とも別々の道を歩きながら夢をつかんで充実しているある日、潤之介が奈未を見つけて声をかけるシチュエーションだと予想します。

 

その場所は、やっぱり、あのベンチのある橋の上かもしれません。

そして、お互いに成長した潤之介と奈未は、ようやく結ばれるんだと思います。

 

潤之介の手には、あのとき奈未から返してもらった婚約指輪がありました!

その指輪を、再び奈未の薬指にはめてハッピーエンドです!

ベンチの向こうには、桜の花が・・!

 

中沢先輩について

やっぱり、中沢先輩は和泉遙(久保田紗友)さんと結ばれていると思います。

潤之介との恋のライバルとして、「絶対負けないから・・」と言っていましたが、最終回では中沢先輩が次期編集長となっているかもしれません。

そして、その傍らには和泉遙(久保田紗友)がフィアンセとしてしっかり支えている姿が目に浮かんでしまいます。

中沢先輩は、最後まで奈未のことを気にかけていましたが、和泉遙(久保田紗友)と結婚する頃にはその気持ちは恋とは別のものとなっているように思います。

 

エンディング

ラストで流れる映像には、雑誌編集のカメラマンとしても活躍する潤之介の姿!

宝来製紙の新社長として活躍する宝来麗子(菜々緒)の姿!

雑誌編集の仕事に邁進する奈未の姿!

 

ドS先輩(中沢さん)が、相変わらずキレキレで編集の仕事(もしかして編集長)をしていて、その傍らにお腹の大きい和泉遙(久保田紗友)の姿が・・!

のような展開になるのでは~^^

 

果たて、この妄想が、どこまで現実のものとなるのか、今度の火曜日に確認しま~す!

ハッピーエンドで終わってほしいですね。

 

関連記事

ボス恋理緒(倉科カナ)の病名とは?ジストニアは治るのか?

ボス恋中沢(間宮)の自転車のブランド?価格やスペックも調査!

Sponsored Link



よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる