シュウペイのモードの種類はいくつ?HOMKRCSGJIの意味と使い方!

お笑いコンビぺこぱのシュウペイのモードが話題になっています。

モードH、モードO、モードM、モードK、モードR、モードC、モードS、モードG、モードJ、モードIと、現在分かっているだけでも10個もあります。

この中には、使い方を誤ると芸能人として危険なモードも存在しているようです。

番組に出演している中で、その時々のTPOに適切に合わせたモードが選択されているときはOKなんですが、あまりにもかけ離れたモードになった場合はファンや番組側の理解が追いつかないこともあるようです^^;

Sponsored Link

シュウペイのモードの種類

シュウペイのモードについては、ぺこぱチャンネルの動画で解説されています。

一応、現在判明しているシュウペイのモードは10種類です。

この動画によると、シュウペイのモードは、10種類。

実際いくつあるか、確認するために書き出して見る場面がありますが、そのときに書いたモードの数は、モードH、モードO、モードS、モードR、モードM、モードK、モードC、モードGの8種類でした。

最後に、最終確認に入っているときにモードJ、モードIが再確認できていましたので、合計10種類ということになります。

モードH(俳優)

俳優モードです。

突破ファイル、スカッとジャパンなど演技が必要になる場面で使われるモードです。

・・そろそろ映画の主演も近いですね?という質問をすると、モードHだったものが変化していきます^^

 

 

モードO(弟)

弟モードです。

甘えん坊になる必要がある場合に発動するモードです。

具体的には、年上のお姉さんだったり、お兄さんとか自分に自信が無いときや誰かに助けを求めたいときにモードOが出てしまうとのことです。

プライベートでは、出ることはそんなに無いとのことです。

 

モードM(モデル)

モデルモードです。

実際モデルの仕事をしたときに発動したとのことです。

ランウエイを歩いたり雑誌撮影の時とかは、完全にモードMだったとのことです。

芸人ではないような表情をするときに発動するモードであると解説されています。

 

モードK(解説)

解説者のモードです。

これまでのサッカーの経験を生かした解説などに特化したモードのようです。

 

モードR(ラジオ)

ラジオのときのモードです。

相方と二人とのときとかは、誰に気兼ねすることもなく意外とリラックスして自由に話せるので、このモードRになるということです。

ジキルとハイドで言えば、ジキルモードとも言えると思います。

相方の分類では、お兄さんのパーソナリティー感もあるとの分析をされています。

 

モードC(コメンテーター)

コメンテーターのモードです。

サンジャポでの発言をするときのモードがモードCです。

時事ネタを切っていくようなモードです。

たまに、ネットでは炎上するということを認められてます。

少し、気をつける必要があるモードがモードCということです。

 

とういうことで、言葉を選ばないと・・日曜の朝は少し怖いですね。とコメントされています。

 

モードS(しゅうへい)

しゅうへいモードがモードSです。「しゅうへい」ですよ。シュウペイではなく・・!

 

ロンドンハーツで、初めて発動したモードがモードSです。

世間がざわついたとコメントされています。

ちょっと後付感がありますが^^;振り返るとモードSだったとのコメントをされています。

 

番組はじまったときに、いつものモードG(芸人)なのが、このときは気づいたらモードSになっていたとのことです。

真剣なシーンとか、笑いが要求されないときにはモードSとなるとのことです。

 

このモードの注意点は、いつこのモードに切り替わるのか本人自身も分からない点です!

本番中に切り替わってしまっていたとのことで・・

本人が異変に気づいたときには、とき既に遅しとのことだったようです^^;

 

このときのロンドンハーツの収録時、気づかない内にモードSが発動してしまったシュウペイは、ロンドンハーツの田村さんのリクエストに対して他人事のような冷たい応対をしてしまい、SNSで炎上してしまいました。

 

モードG(芸人)

芸人モードです。

通常のシュウペイモードがこちらのモードです。

 

モードJ(ジャニーズ)

ジャニーズモードということです。

ジャニーズ大好きで、ジャニーズを語っているときはモードJということとのことです。

インスタライブをやっているときなどが、このモードJかもと話されていましたが、実際はモードIでした。

 

モードI(アイドル)

アイドル(idol)モードがモードIです。

上記のモードJとかぶるところもありますが、モードIはインスタライブを行っているようなアイドル的なモードです。

 

他のモードについて

他のモードについても色々あるようです。

本人は、色んなモードを見せたいという願望がありますが、なんせ、本人自身がコントロールして出すというようりは、その時々によって急に色んなモードになるということです。

できれば、視聴者に新たなモードを発見したときには、教えてほしいとまで言われています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フワちゃんでぃーっす🌻 スカッとジャパンで共演した時の 友達と松井さんと記念撮影✨ 衣装のスーツはいつも2メートルの人が履くズボンのサイズ💦 裾余りすぎ😅 イヤな男役多いから見た目から美しい男に生まれ変わるぞー🌈 演じてるだけだから怒らないでねー😭 ※実際は女性に点数は付けません🙇‍♂️ そんな男ありえない。 シュウペイは女性の味方☀️ #スカッとジャパン #フワちゃん #ぺこぱ #シュウペイポーズ #混ぜるな危険 #YouTuber #actor

シュウペイ【ぺこぱ】(@pekopa.shupei)がシェアした投稿 –

コントロール不能なモードは危険?!

以上のように、ある程度コントロールできるモードを持っているものの、多くは突然、発動されるモードが殆どのようです。

これには、相方の松陰寺太勇さんも困惑気味で、どのように対応して良いのか困られていましたが・・最終的には受け入れるという寛大な心で対応するようにコメントされています。

 

突如暴走してしまうかもしれないシュウペイのモードに対応して、適切なモードへ誘導するコントローラー兼ストッパーという重要な役目の松陰寺太勇さん!

今後、その力が要求されることは増えてくる可能性がありそうですね^^;

 

参考

ぺこぱチャンネルユーチューブ動画