動画配信サービスをテレビで見る方法!4Kの大画面対応でおすすめは?

見放題の動画配信サービスや有料の動画配信サービス
(VOD)を大画面のテレビで快適に視聴する方法について書いています。

思っているよりも簡単にできますよ。
それも、数千円で~!

パソコンやスマホだけで動画配信サービスを利用
している人は、一度、大画面(高画質)で視聴して
しまうと戻れなくなってしまうと思います。

テレビ録画をほとんどしなくて良いようになります!

自宅に4Kテレビを持っている人は、是非とも大画面で
快適に動画配信サービスを利用されることをオススメします。

Sponsored Link

動画配信サービスをテレビで見る方法

これからテレビを買う方については、動画配信サービスに
対応しているテレビを購入すれば、最初から
動画配信サービスを快適に視聴することができます。

動画配信サービス対応のテレビ

最近では、ほとんどのテレビが動画配信サービスを視聴できるようにしてあります。

テレビを購入される場合には、テレビのカタログで確認
するか、店員さんに確認すると一発で分かります。

我が家の4Kテレビに動画配信を視聴する機能を導入!

我が家で購入したテレビをご紹介します。

最初から動画配信サービスが視聴できるように
なっていませんでしたので、Fire TV Stick 4Kを
購入してから動画配信サービスを視聴できるようにしました。

大画面(55型)4Kテレビともなれば、かなり高額だと
思われがちですが、ジェネリック家電と言われるものがあって
格安で、比較的高性能のテレビを購入できるようになっています。

日本製のテレビですが、一般の方には、まだあまり
認知度が高くないメーカーかもしれません。

値段を見ると驚かれると思いますが、5万円を下回る価格です。

Amazonや楽天などでも普通に購入できます。

直下型LEDを使ってあるので、画質は申し分ありません。
相当なこだわりがなければこのテレビで十分だと思います。

録画するには、外付けハードディスクが必要ですが、
パソコンショップで購入したハードディスクケースに
4テラの高性能なハードディスクを入れて録画できるようにしています。

【エントリーでポイント5倍】玄人志向 GW3.5IDE+SATA/U3P/SV SATAとIDEの両方に対応したUSB3.0対応のスリムHDDケース(マットシルバー)

電源連動機能が付いていますので、自動です。
さらに、USB3.0が使えますので安心です。
(もちろん、私もUSB3.0ポートに接続して使っています。)

中身のハードディスクは、パソコン専門ショップで購入しました。

ネットでもかなり安くなっているので、価格を抑えようと
思っている方は、自分で大容量のハードディスクを購入して
ハードディスクケースに入れてUSB3.0で接続すると良いと思います。

ただし、あまりパソコン関係に慣れていない方の場合は
最近では、4テラバイトの大容量外付けハードディスクが
かなり安く購入できますので、それを購入されたほうが手っ取り早いです。

Sponsored Link

テレビで見放題の動画配信サービスを視聴する方法


最もオススメする方法をご紹介します。
我が家でもこの方法で視聴しています。

まず、導入の前提としてネット環境の整備が必要です。

つまり、インターネットがワイファイで使用できる環境です。

これが、できているのを前提に説明します。

必要な機材

AmazonのファイヤースティックTV4K対応
4K対応でないものもありますが、
いろんな意味で4K対応がオススメです!

これだけでOKです。

<手順>

  1. Fire TV Stick 4KをHDMI端子に接続

  2. Fire TV Stick 4Kをコンセントにつなぐ

  3. インターネットに接続する

 

他にも、PlayStationなどのゲーム機を接続しても
視聴できます。

HDMI端子付きテレビの場合


Fire TV Stick 4KをHDMI端子に接続してから設定すればOKです。

非常に簡単です。

見放題のTVerなども最初から選択できるように
なっていますので、見逃したテレビ番組などを
視聴するには重宝しています。

今までのように録画する必要がないので気分的に
かなり楽になりました。

1話から全部みることができる番組もあります。

HDMI端子が無い古いテレビの場合

HDMI端子が無いテレビだからといっても諦める必要はありません。

HDMI端子を作ってくれるアダプターがありますので
これを利用して視聴できるようになります。

<関連記事>

動画配信サービス一覧のメリット比較!おすすめ無料期間と吹き替え字幕は?