おみくじを持って帰るのは凶?後の処分や取り扱いはどうするの?

新年になって神社などでおみくじ(御神籤)を引いて
運勢を占い大吉を引き当てたり、中吉だったり、小吉?
まさかの凶だったり・・

おみくじを引いた後、そのおみくじを木に結んだり、
持って帰ったり・・

でも、正直、凶は持って帰りたくないし、かと言って
大吉をそのまま持って帰っていいものやら・・

おみくじを引いた後にどうすればよいのかを調べてみました!

Sponsored Link

御神籤(おみくじ)とは?

そもそも、おみくじとは?

今更なんですが、おみくじとは一体何なんでしょう?

チコちゃんに叱られそうですが、おみくじは漢字で書くと

御神籤(おみくじ)

ちょっとむずかしいですが、

御(お)

神(み)

籤(くじ)

です。

籤(くじ)は、みなさんご存知ですね・・
代表的なものが、
「宝くじ」です!

「くじ」は、引く順番に関わらずに当たる確率位は
同じになるように基本的に作ってあります。

今や、いろんな「くじ」がありますが、
その中の一つが神聖な「くじ」であるのが「おみくじ」です。

なんせ、「くじ」の前に「御」「神」が付いています。

字を見れば何となく分かりますね。

「御御籤」とか「御仏籤」とか書く場合もあります。

神社だけでなく、仏閣にもありますので
このような表記になっていますが、基本的に
神聖な籤(くじ)であることにはかわりありません。

元々は、国の政(まつりごと)をなす上で
神のお告げを確かめることに占いが使われて
いましたので、その流れで個人のことを占う
一つの手段として、鎌倉時代から御神籤が始まったとされています。

Sponsored Link

御神籤(おみくじ)の順番について

大吉が良くて、凶が悪いというのは分かると思いますが、
御神籤(おみくじ)には、いろんな種類があって、
その順場も概ね決まっています。

一般的なおみくじの順番(運勢の良い順番)

1.大吉
2.吉
3.中吉
4.小吉
5.凶

の順番です。

中吉、小吉、末吉などが入ってくるとややこしくなりそうですが・・

おみくじの順番(中吉、小吉、半吉などは?)

大大吉>大吉中吉小吉>半吉>末吉>末小吉>平>>小凶>半凶>末凶>大凶

平(たいら)は、珍しいですが、良くも悪くもないという
平穏無事を意味するおみくじです。

おみくじを引いた後の取り扱いについて

大吉の場合


持ち帰ってOKです!

粗末に扱わずに、大切に保管しても良いし
財布などにキレイに入れて持ち歩いてもOKです。

時々、読み直して教訓とすることをオススメします。

神社の木などに結ぶところが設けてあれば、
その木に結んでもOKです!
「願い事を結ぶ」ことになります。

結ぶ際には、縦結びにならないように注意してください。

 

凶の場合


ある意味レアなおみくじですが、
実際、このおみくじを引いてしまうと、ほんとに
別の意味で引いてしまいそうです(^_^;)

冗談では、済まされないような気分にも
なりそうですが、逆に「良かった!」と
開き直ることもできそうです。


新年のはじめに、やっちまった~ってなりそうなんですが、

このおみくじをどう取り扱えばよいのか??

 

持って帰ってOKです!

 

むしろ、そこに書かれてある注意事項を教訓として
今後の生活などに活かすことをオススメします。

 

持って帰りたくない場合は?

 

神社の木などに結ぶところが設けてあれば、
その木に結んでもOKです!

凶の内容を持ち帰らずに、その神社に凶を置いて帰るという意味になります。

 

結び方は、縦結びとならないように注意しますが、
凶を結ぶ際には利き手と反対の手で結ぶと良いとされています。

凶が吉になると考えられていますので、木などに結ぶ際には反対の手がオススメです。

何回も引いて良いのか?

引き直すのは良くないとされています。

どうしても引き直したい場合は、一度引いたおみくじを
その神社もしくは、別の神社などにきちんと返納してからにしましょう。

返納の方法は、色々ありますが、一番簡単なのは
木などに結ぶところが設けてある神社で、
その木に結ぶことで返納することになります!

ですので、去年の御神籤(おみくじ)などが残っていれば
古いおみくじは、神社に戻してから新しいおみくじを引くようにしましょう!

それでは・・

今年1年が良い年となりますように!!