一木けい小説家の経歴!結婚相手や文学賞の制作秘話や学歴も

王様のブランチでも紹介された
「一木けい」(いちき けい)さんの本
「愛を知らない」が話題になっています。

それもそのはず、一木けいさんは
R18文学賞の読者賞を受賞するほどの作家で
椎名林檎さんやSuperfly(スーパーフライ)の
越智志帆さんも絶賛されているからです。

椎名林檎さんや越智志帆さんといえば
心に響く歌詞やメロディが共通する
アーティストですが、よりによって
まさか、この二人が絶賛する作家とは!!

注目が集まるのもうなずけます。

Sponsored Link

「一木けい」のプロフィール

生年月日・・1979年 月 日
年齢・・39歳か40歳です。
(2019年6月現在)
出身地・・福岡県

2019年6月現在、タイのバンコクに在住

身長・・153cm(予想)
サイズ・・非公開

仕事・・作家

身長は、公表されていませんが、
カラテカ矢部太郎さんとのツーショット
写真がありましたので・・

カラテカ矢部さんは、身長が158cmと
公表されています。
インスタの写真では、お二人とも図書を前に
立っておられますので、おそらく
身長差が5cmほどだと思います。

足元が見えませんが、差が無いとすれば
おそらく153cmほどになると思います。

Sponsored Link

学歴

福岡の小学校で3年生まで学ぶ。

小学4年生で西国分寺の学校へ転校

・・

東京都立大学卒業

小説を書き始めた時期

東京都立大学の大学生の時。

2016年
・・「西国疾走少女」
第15回「女による女のためのR‐18文学賞」読者賞

きっかけは、一人の女の子との出会い

この女の子の年齢や所属などは非公開ですが

もしかしたら、同じ大学の学生さん
だったかもしれませんが、
全く違って子供だったのかもしれません。

とにかく、その女の子との出会いが
一木けいさんの小説家としての思いに
火をつけたのだけは確かです。

一緒に過ごした数時間の間に、その女の子
の言動が強く印象に残り、彼女の美しさ
と不思議な吸引力について
小説に書きたいと思った。

そう、述べられています。

想像ですが、その女の子との永久の別れが
あったのかもしれません。
(他にも何か特別な事情が、あったのかもしれません。)

でも、数時間で一木けいさんの心に
火をつけることができるんですから、
よほど衝撃的な出会いだったんだと思います。

応援してくれたゼミの教授との別れ

当時の東京都立大学の経済学部の教授が
「(君なら)書ける!」そう言って
後押ししておられ、卒業後も先生の
ところへ遊びに行ったりしていたとのことです。

ところが・・

その先生が急逝され、自分の家族(父親)や
友人(4人)が
相次いで急逝!

そのことが、逆に小説を書かざるを得なく
させたとのことです。

書いていないと、どうにかなる
そんな時期があった・・!

そう述べられています。

結婚について

上記のような壮絶な時期にありがなら
実は、パートタイムの仕事や子育て
していたとコメントされています。

ということは、当然、結婚されていると
思いますが、結婚に関する情報は
見つけることはできませんでした。

子供さんがいらっしゃるので、お相手の
旦那さんの情報も有って良さそう
なんですが、プライベートなことで
色々とご事情があるのかもしれません。

ちなみに、この写真に写っている
一木けいさんの左手の薬指には結婚指輪と
思しきリングがあります。
このインスタの写真は、2018年12月12日
ですので、その時期までには結婚されていることになります。

結婚相手が日本人なのかどうかさえも
まだ、わかりません。

もしかしたら、大学時代に知り合った
タイの男性の方なのかもしれませんが・・。

なぜタイに住んでいるのか?(文学賞制作秘話)

大学の恩師や家族、友人との別れ
突然、まとめてやってきた・・!

相当なショックだったと思います。

そのことが、日本を離れ、タイへと
旅立つきっかけになったのは否めないと思います。

そして、時期を重なるように子育て~!

ここにも何か、深い理由がありそうですね。

もう一つ・・

タイでの生活で得られる日本語との言語的
ギャップ!

日本語で感じた感覚をタイの言葉で
考えることで、日本にいるときには
味わえない独特な言語感覚が湧き出てくる
ことを指摘されています。

あと・・

かなりの内容(日本人の前では恥ずかしくて読めない)
が書いてあっても、タイの
人にはバレないとのことです(日本語なので)。

さすが、R受賞の作家だけはありますね。

Superfly(スーパーフライ)越智志帆さんのコメント

越智志帆さんいわく!

人生初の帯コメントを書かせていただきました!

愛について悩んでいる人、人間関係に悩んでいる人・・・

ぜひ読んでほしい!

最高のコメントですね。

わざわざ本の帯コメントを越智志帆さんが
書かれるほどです。

ホントにレアな本だと思います。

椎名林檎さんのコメント

本の帯には、

「私が50円分の円盤や90分の舞台で
描きたかった全てが入っている。」

このようにコメントされています。

まさに、大絶賛です!!

一木けいさんの今後の活動に注目ですね~!