バレリーナガビシュル骨肉腫で切断でもダンス!手術方法がアンビリバボー!

奇跡体験!アンビリバボーで骨肉腫を克服した
少女ガビ・シュルGabi Shullさんの奇跡の復活劇
が紹介されます!

アメリカのミズーリ州に住むバレリーナの
ガビ・シュルGabi Shullさんは9歳のとき
右膝に骨のがん(骨肉腫)にかかります!

骨肉腫は、命に関わる進行性の病気のため、
バレリーナを目指していたにもかかわらず
右膝の部分を手術で取り除く(切断)ことに・・!

普通の人なら、この時点でかなりのショックを受け
バレリーナどころではいられないかもしれません。

Sponsored Link

バレリーナを目指すガビ・シュルに起こった奇跡

どうしてもバレリーナになることを
諦めきれない彼女の思いが信じられない奇跡を
起こします!

手術してもバレリーナの夢を諦めないですむ
方法は無いのか?

その時、医師が行った驚くべき(アンビリバボーな)
手術方法とその後のガビ・シュルさんの活動について
ご紹介します。

ガビ・シュルの手術後の様子

右足には、包帯がぐるぐる巻きにされています。

そして・・・

足の向きが逆に・・!

手術後の右足の状態は?

やっぱり、右足が逆に付けられています!

その隣には、義足と愛犬!

彼女は、笑顔です^^

Sponsored Link

医師がガビ・シュルに行った手術とは!

骨肉腫になった右膝は切除してしまい、
下腿から足部を180度回転させた状態で
大腿部につなぎ合わせる手術です!

上記の写真で、右足が逆についているのは
理由があってわざと行われたものでした!

 

View this post on Instagram

 

Kickin cancers butt w our backwards legs ;-))

Gabi Shullさん(@gabishull)がシェアした投稿 –

なぜ180度足の向きを変えたのか?

膝関節を取り除いてしまう手術を行うため
膝の機能が完全に失われてしまいます。

しかし、バレリーナとして活動するために
足関節の機能を使うことにしたのです。

そのままの向きでは、膝を曲げる角度が
得られませんが、180度足の向きを回転
させることで、その角度を得ようと考えられた手術方法です。

また、つま先立ちする力を、膝を伸ばす力に
変える手術でもありました!

言葉で言うのは簡単ですが・・

膝を曲げ伸ばす具体的な方法とは!

これまでと同じように膝を曲げる
ためには、足関節を反らすように
力を入れる必要がありますし、

逆に膝を伸ばすためには、つま先立ち
するような方向に足関節を曲げることが
必要となります。

 

View this post on Instagram

 

My 9th leg is in the process of being made!!

Gabi Shullさん(@gabishull)がシェアした投稿 –

この動作を習得するには、かなりの
練習が必要だったと考えられます!

ガビ・シュルの現在

 

View this post on Instagram

 

Gabi Shullさん(@gabishull)がシェアした投稿

彼女は、膝関節を骨肉腫で失いましたが
骨肉腫は、彼女の夢までも失わせることは
できませんでした!

小さい頃からのバレリーナの夢を
彼女は手に入れました!

それだけではなく、夢を実現できた喜びと
勇気を伝えるべく・・

小児がんの啓発にも積極的に取り組まれて
います。

 

View this post on Instagram

 

These two make my heart so happy 😊

Gabi Shullさん(@gabishull)がシェアした投稿 –

希望を失いかけた子どもたちに
生きる勇気と夢を持つことの大切さを
与える存在となっているのは確かだと思います!

彼女の母親のコメントでは、骨肉腫という
病気になっていなくても、ガビは
このような活動をしていたでしょう!と
語られていたこともすごいです。

諦めない心が奇跡を起こす・・
そう信じて・・!

<関連記事>

タングルウッドの奇跡 レナード・バーンスタインも号泣し賞賛!