魯山人納豆鉢(究極のNTO) 価格と使い方!口コミやマツコの感想も

「夜の巷を徘徊する」でマツコさんが
アーツ千代田 3331を徘徊~!

そこで見つけたおもしろアイテムが紹介されます。
究極のNTO(旧商品は、「魯山人納豆鉢」)です。
タカラトミーアーツが手がけた楽しみながら
美食家の要望に応える商品となっています?!

「究極」とつけるほど納豆のかき混ぜ方や
醤油を入れるタイミングなどもゲーム感覚で
わかるおもしろアイテムです!

美味しく食べる方法にこだわった商品で
魯山人という美食家の大物まで登場させており
相当な自信作のようです(^_^;)

究極シリーズには、なんとマヨネーズものも
あります。(こちらも↓に掲載してます~)

Sponsored Link

「魯山人納豆鉢」使い方(動画も)


第77回東京インターナショナル・
ギフト・ショー春2014に出品されたものです!

かなり力の入った紹介ですよ~

お醤油を入れるタイミングは、何回目?

お醤油を入れるベストのタイミングは、
納豆を305回かき混ぜた時(マジか!)と言われ
ておりそのタイミングでフタが自動でパカっと
開く仕組みとなっています。

開き方が、アナログチックで面白いですよ。

最も美味しい納豆の回転数(424回)
なっても自動で教えてくれます。
(※また、フタがパカっと開きます!)

納豆を424回かき混ぜると何が変わる?

大豆の濃厚感がアップする研究結果が出ています。

混ぜない場合を100とした場合、
50回混ぜると103%アップ
424回混ぜると109%アップです!

数値にすると小さな差のようですが、

「その小さな差が美味しさの大きな差になるんです。」

・・と、魯山人さんならキッパリと
言われます・・きっと^^

取扱の動画が↓↓です。
なかなかおもしろいですよ~。

Sponsored Link

「魯山人納豆鉢」「究極のNTO」の価格と購入方法

こちらが、魯山人納豆鉢です。

そして、↓↓が究極のNTOです。

【タカラトミーアーツ】究極のNTO(なっとう)

究極のNTOは、激安なのでビックリしました。

これなら、買って試してみても良いかも~!
納豆嫌いの子どもでも、楽しんでできそうですね。

マツコさんの感想は?

実際に、魯山人納豆鉢を使って納豆を食べたりは
されませんでしたが、424回という
回数の多さと、それを手で回すとことに
驚かれていました。

まあ、そうなりますよね。

でも、この究極のマシンを使えば
その424回という手で回す作業が
圧倒的に簡単にできます(?!)
実際は、箸を使うよりも倍速のスピードで
完成します~!

箸で424回かき混ぜる思いをすれば
楽ちんです!

更に醤油を入れるタイミングまで~!

実際、やってほしかったですけどね~。
ご飯が大好きなマツコさんは、後で
こっそり注文されたかもしれませんね。

究極のMYO(マヨネーズ)も!

タカラトミーアーツも、いろいろと考えますね。

なんと、自家製マヨネーズを作るマシンです!!

これも、試してみたいですね~。

2019年3月以降の発売ですよ~!

<関連記事>

究極のMYOの価格と購入方法は?自家製マヨネーズの簡単な作り方とは!

「アーツ千代田 3331」の場所とアクセス

マツコさんが今回、徘徊した場所です。

おもしろアイテムを見つけた場所なので
行ってみるのも楽しそうですね。

東京駅から山手線に乗って御徒町駅で降りてすぐです。

〒101-0021
東京都千代田区外神田6丁目11−14