Sponsored Link



二日酔い治し方で即効の方法は?口コミで頭痛や吐き気に効く対処法も!

忘年会や新年会、歓迎会、送別会など
二日酔いになる状況って結構
ありますね。

あの苦しみは、なった人でないと
分かりませんよね。

でも不思議と、それを忘れて
しまって、また飲みすぎてしまう
ケースが多いように思います。

Sponsored Link

二日酔いとは?

宿酔(しゅくすい)とも書きます。

いわゆる「二日酔い」のことです。

酔が翌日まで残ることを言います。
症状としては、頭痛や吐き気、胃痛
などが主なものです。

なぜ、二日酔いなるのか?

なりにくい人、なりやすい人がいます。

個人差があるのはご存知の通りです。

ちょっと、話がそれましたが、
摂取したアルコールを分解する能力
の個人差によって二日酔いに
なりやすいかどうかが決まります。

実際には、肝臓でアルコールが
分解されてアセトアルデヒドに
なりますが、

このアセトアルデヒドが体内に
残ると二日酔いになります。
二日酔いの直接の原因は、
アセトアルデヒド
です!

アセトアルデヒドの毒性によって
二日酔いの症状が引き起こされます。

もう一つの原因としては、アルコール
によって胃酸の分泌が増え、食道の
下部括約筋が緩められるため
逆流性食道炎が発生してしまうことが
あります。

吐き気や胃のむかつきなどの症状の
原因と考えられています。

肝臓の働き

アルコールが体内に入ると
胃から約20%、小腸から約80%
吸収されて血液中に入り門脈を
通って肝臓へ運ばれます。

そしてアルコール脱水素酵素
(ADH)の働きによって肝臓で
アセトアルデヒドに分解されます。

次に、アセトアルデヒドは、
アセトアルデヒド脱水素酵素
(ALDH)の働きによって「酢酸」
分解されます。

これは、肝臓内の働きで行われます。

筋や心臓などの働き

「酢酸」が血液によって筋や心臓などへ
運ばれて「水」と「二酸化炭素」に
分解されされます。
また、酢酸が分解されるときには
「熱エネルギー」も同時に産生されます。

分解されてできた「水」は、
尿や汗となって排出されます。
もちろん呼気中にも排出されます。

Sponsored Link

アセトアルデヒドの分解能力の違い

アルコールの中間分解産物である
アセトアルデヒドが体内のとどまる
ことで二日酔いになることが
分かっています。

そして、

アセトアルデヒドを分解する酵素
(アセトアルデヒド脱水素酵素)の
働きは、遺伝によって決定しています。

<1>分解するタイプ(約50%)
<2>分解が遅いタイプ(約45%)
<3>分解しないタイプ(約5%)

<2>、<3>の人は、
アセトアルデヒドの分解が遅いため
血液中のアセトアルデヒドの濃度が
すぐに上がって顔が赤くなったり
動悸がしたり、頭痛になったり
しやすいです。

この状況をフラッシング反応と言います。

一般的には、アセトアルデヒドの
分解が遅い人や分解しない人が
二日酔いになります。

肝臓の大きさの違い

要するに肝臓が大きい人のほうが
アルコールを分解する能力が
高いことが報告されています。

体格の大きい男性と小さい女差
では、自ずと肝臓の大きさも
違ってきます。

差が出てくるのは、このためです。

胃と小腸の働き

アルコールの吸収は、胃と小腸(上部)
で行われます。

胃からの吸収・・20%程度
小腸からの吸収・・80%程度

小腸からのアルコールの
吸収スピードは速いため、
胃が空っぽの空腹状態の場合や
手術で胃を切除している人などの
場合は、小腸からの吸収となるため
吸収が早まる可能性があります。

二日酔い対策について

「吐き気」の対策は?

逆流性食道炎が原因となっている
場合も多いため、その対処を考える
必要があります。

一般的に、コーヒーや緑茶に含まれる
カフェインには胃酸の分泌を増やす
働きがあります。

ですので、カフェインが含まれる
飲み物は、症状を悪化させる可能性
が高いと言えます。

胃酸の分泌を増やさないように
刺激物を避けて、消化に良いものを
食べるよにしましょう。

即効で治したい場合は、やっぱり
病院へ行った方が早いんですが・・
(^_^;)

「頭痛」の対策は?

アセトアルデヒドの作用によって
頭痛が発生している場合は、
血液中のアセトアルデヒドの
濃度を薄める必要があります。

アルコールは、抗利尿ホルモンの分泌を
抑制する働きがありますので
結果的に、尿量が増えて血液中の
水分量が減ります。

血液中の水分量が減ると
アセトアルデヒドの濃度は、
高まります。

対策としては、血液中の水分量を
増やすことが必要となります。

カフェインを含まない
経口補水液やスポーツ飲料が
おすすめです。

ただし、カフェイン自体には頭痛を
和らげる効果があると言われています。

吐き気やむかつきなどの
逆流性食道炎の症状が無い場合には
選択肢の一つになると考えられます。

もっと早く改善したい場合は、
病院で点滴を受けると
手っ取り早いです。(^_^;)

そのようなサービス(?)を
しているクリニックなども最近では
多くなってきているように思います。

ネットにも掲載している病院や
クリニックがあります。

体の「だるさ」の対策は?

これもアセトアルデヒドが原因と
考えられますので、適度な水分補給
を行いながらアセトアルデヒドが
分解されるのを待つ必要があります。

これも、上記のように病院で対処
すると早いかもしれません。

二日酔いの口コミでの対処方法

オレンジジュースについては、
ビタミンCにアセトアルデヒドの排出
作用があると言われているため
効果的だと言われています。

意外なんですが、
気持ち悪くなりそうなんですが、
実は、牛乳に含まれるタンパク質
の作用によって肝機能がアップすると
言われています。

また、胃酸が原因となる吐き気に
対しても、アルカリ性食品の
牛乳が効果的だと言われています。

少し温めてから飲むのが吸収が
高まって良いとされています。

コップ1杯を飲んで1時間ほども
すればおさまってくるようです。

・・・

今更なんですが、
飲みすぎないのが一番の
予防です・・
(^_^;)

そんなことは、分かっている
って声が、聞こえそうですが。

<関連記事>

体に良い油痩せる油とは?使い方食べ方とダイエット効果をガッテンで

Sponsored Link



Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のK5です! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、日々新しい情報に触れて、その内容を自分なりに解釈することが面白いこと。それと、その反応がリアルタイムで分かる面白さがあります。 ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。