Sponsored Link



池袋大仏の場所や大きさは?アクセスや空中浮揚の拝観料金も

仙行寺(豊島区池袋駅の近く)に
空中浮揚するという4mを超える
池袋大仏が建立されました~!

すでに、2018年8月25日(土曜日)に
開宴されています~!

空中浮揚する大仏は、ホントに珍しいので
一度、ご拝観したいですね。

総檜(ひのき)の手彫りですので
彫ったばかりの貴重な大仏です~!

Sponsored Link

池袋大仏(いけぶくろだいぶつ)について

なぜ作られたのか?

池袋のお寺で唯一の木造りの旧本堂が
2011年の東日本大震災の際に損傷
して柱が傾いたりしたことが
きっかけです。

現住職の朝比奈文邃(あさひなぶんすい)さんのコメント

目指しているところが
都市部にある憩いの場!

懐かしさを感じられるような
皆さんが日々生活している中で
溜まっていく色んな汚れなどを
少し手を合わせてホッとするような
そういう雰囲気にしたかった。

こんなコメントを言われています。

都市部にこそ、すぐに行ける大仏は
ホントに必要かもしれませんね。

大きさやサイズは?

高さ・・約4.6m

重さ・・約1.5トン

総檜造りです~!

まだ、檜(ひのき)の香りも
しそうですね~♬

特徴(空中浮揚する大仏)

最大の特徴は、空中浮揚する大仏です。

仏師の渡邊勢山さんによると
仏像を空中浮揚させるのは、
大きなものになると技術的にも
難しいとのこと。

今回の池袋大仏では、後ろの壁の梁(はり)
の部分から出ていて、それに雲と
仏様をサンドイッチにして作成!

そのため、外からは、その構造物が
見えないことで空中浮揚を実現させています。

Sponsored Link

池袋大仏の拝観料(料金)は?

参拝日時

毎日、午前10時~午後5時まで

誰でも自由に参拝できます。

2018年8月25日(土曜日)に
開宴されています。

拝観料(料金)

無料です~♬

これは、ホントに有り難いですね~!

毎日でも行けます。

池袋大仏の場所やアクセスについて

場所(仙行寺:せんぎょうじ)


〒171-0022 東京都豊島区南池袋2丁目20−4

正式名称は、
日蓮宗寺院松栄山仙行寺沙羅浄苑
(しょうえいざん せんぎょうじ さらじょうえん)です。

見ないとサラサラと言えないかも(^_^;)

アクセス

池袋駅(東口)から徒歩8分程度です。

地下鉄(有楽町線「東池袋駅」)からは、
徒歩5分程度です。

アクセス抜群ですよ。
(上の地図を参考にしてください。)

駐車場

隣接するシアタグリーンも含めて
一般駐車場は、無いようです。
(ちなみに、劇場「シアタグリーン」も
仙行寺が運営しています。)

車で行く方は、近隣の駐車場の利用
になります。

池袋駅の近くなので、離れていても
駐車しやすい場所にとめてから
電車で行くほうがいいかもしれません。

どうしてもの場合は、【akippa(あきっぱ!)】
で探してみてください。

拝観した人の口コミ


やっぱり、早くから観に行った人も
いますね~!

空中浮揚を生で見たいですね~!

写真で観ても、なんだか
不思議な感覚になりますね。

<関連記事>

鹿野大仏の場所や大きさは?アクセスや拝観料金もチェック!

Sponsored Link



Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のK5です! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、日々新しい情報に触れて、その内容を自分なりに解釈することが面白いこと。それと、その反応がリアルタイムで分かる面白さがあります。 ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。