Sponsored Link



サマータイムいつから実施?なぜ導入理由と経済効果やデメリットも!

サマータイムの導入が近づいてきてますね~

導入されるとどうなるんでしょう?

最初は、大した影響なんて無いと
思っていましたが、
調べてみると、そんな悠長なことは
言っていられない状況のようです。

これは、導入される前にしっかりと
対策を練っておかないと
大変なことになるかも(^_^;)

Sponsored Link

サマータイム導入時期は?

2020年に開催される東京オリンピックに
合わせてサマータイムが導入されます。

ですので、本格導入時期は2020年
ということになります。

オリンピックの時期だけという
ことではありません。
それ以降も、ず~と実施するとのことです。

サマータイム(夏時間)とは?

今更ですが・・サマータイムとは
一体どういうシステムなんでしょう?

これも調べてみると、
意外とややこしいですが・・

簡単に言うと・・、

日の出と日の入りが
早い夏に合わせて時間(標準時)を
1時間進めることです。

その進められた時間のことも
サマータイムと言います。

ん・・??

どういうこと?

日本で実施された具体的な時間とは?

実は、日本でも過去にサマータイムが
導入されたことがありました。

オイルショックの影響もあり、
1940年に導入を検討され
その後、1948年に夏時刻法が政府から
提出されて実施されています。

具体的な時間は?

4月の第1土曜日(午後12時)から
9月の第2土曜日の翌日(日曜日)の
午前0時までの間の夏時刻法を可決。

実際の実施にあたっては

4月ではなく、5月に繰り下げられて
実施されています。
(5月~9月の5ヶ月間)

ですので・・

開始は・・

1948年5月の第1土曜日の
夜の11時を・・翌日の午前0時
に変更(1時間進める)して
時計の時刻を一斉調整しています。

終了は・・

9月の第2土曜日を25時までと
して対応して終了!

その後は、標準の時間となります。
9月の第2土曜日の25時が翌日の
午前0時に変更(1時間戻す)です。)

1948年~1952年(4年間)実施され
ました。

簡単に説明するつもりが、
結構、ややこしいですね~!

Sponsored Link

サマータイムの導入理由・メリット

もともとは、夏の明るい時間を
有効活用するために考えだされたものです。

早朝の明るく涼しい時刻を活用して
仕事の効率をアップさせ
冷房への電力供給を軽減させる
省エネ対策も兼ねたシステムです。

その他、考えられるメリットとして

・交通事故や犯罪発生率の低下。

・経済の活性化(活動時間が増えることによる)

・通常の時間と比較すると、仕事が
早く終ることになるので、
余暇活動(要するに遊び)の時間が増えて
充実する。

このようなメリットが挙げられています。

サマータイムの経済効果

WBSでも取り上げられましたが、
消費効果がアップすることなどから
約7,500億円の経済効果が
生まれるとの試算がされています。

マジですか~!

サマータイムのデメリット

もう、お気づきと思いますが・・

突然、時刻が1時間早められますので
それまでの生活リズム
(生体リズム)が影響を受ける可能性が
あります。

ちょっとした時差ボケ状態ですね~。
睡眠リズムが障害される可能性も
大きいです。

実際、ロシアで導入された時には
サマータイム移行時に心筋梗塞患者が
増加し救急車の出動回数が増えた
というデータもあります。

経済的側面をみると・・時刻調整の
問題です~。

今のように、ネット環境が充実して
世界中がパソコンやスマホを利用
している状況の中、たかが1時間
といってもシステムの時刻を変更
する必要が出てきます。

金融関係や政府機関などのパソコンも
もちろん対象になりますので
導入においてのシステム改修費用
1000億円以上が費やされると
言われています(WBSより)。

さらに・・

サマータイム実施で、早く帰れるはず
なのに、残業が増えることも
懸念されています。

恐らく、そうなるような気がしますね~。

早く帰って遊べる人も大勢いると
思いますが、日本で遊ぶと言っても
海や山などの大自然に行く人は
ごくわずかで、大抵は誰かが
働いていいる商業施設などを
利用するはずですから~!

そこに働いている人は・・・

結局、どうなるんでしょうね?

あと・・鉄道のダイヤの問題もあります。
ラッシュは減るかもしれませんが・・
日本の緻密に組まれたダイヤを
サマータイムに合わせて変更する
ことが必要になってきます。

システムトラブルなども懸念されますね。

サマータイムについての口コミ

なかなか厳しい意見が多いようです。

健康問題も深刻ですね~

世界のサマータイム実施状況も気になりますね。

余暇よりも仕事が増える?

各国の実施状況の分析がもっと必要ですね。

子供や保育所の問題は、どうなるんでしょうね。

対策を万全にしてから導入してほしいですね。

Sponsored Link



Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のK5です! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。