園田静香ママの年齢と経歴は?性格や数寄屋橋のエピソードも!

酵水素328選

老舗の文壇バー(クラブ数寄屋橋)
ママとして有名な園田静香さんがNHKの
プロフェッショナル仕事の流儀に
登場されます。

各界の代表者も虜にされる
その魅力について紹介される
ようですね~

銀座の生きる伝説とか
昭和の伝説とまで言われる
園田静香さんのプロフィールについて
ご紹介します。

Sponsored Link

園田静香のプロフィール

生年月日・・1947年6月23日生(?)
年齢・・71歳(?)(2018年4月現在)

年齢についてはHONSの記事に
クラブ数寄屋橋が出来た当時(1967年)は
「若干20歳のママ」・・と紹介されています。

1967年で20歳なので出生年は、
1947年前後だと思います。

出身地・・熊本県熊本市
出身高校・・私立尚絅高校

特技・・日本舞踊、居合い
母親が、日本舞踊板東流の師範を
されています。

どんな性格か?

芯が一本しっかりと通った女性!

こうと、決めたら何が何でも
貫き通す心意気をもった方です。

元文藝春秋の編集長の菊池夏樹さんとの
対談では、相手を思いやる心と
自然と湧き出る気配りが感じられ、

対談を見ているだけでも、
お会いしてから
いろんな話しをしてみたいと
思わせるような雰囲気をお持ちの方です。

驕(おご)り高ぶることなく、
いつもフラットで、どんなに偉い方でも
自分の家(ある意味、家よりも
家らしい)のような包容力を感じます!

Sponsored Link

エピソード<1>

若干20歳で立ち上げたお店ですが、
そのお店が入っているビルの
オーナーが倒産して、お店の
移転を余儀なくなった際、

彼女がとった驚くべき行動とは・・・

園田静香さんは、お店を休まないという
ポリシーを持っています!

そのポリシーを貫き通すために
お店が移転する日であっても
何とかして、お客さんを迎え入れ
られています!

まさに、何が有ってもブレない
強いハートの持ち主です!

そのような積み重ねが、お店に
こられる方の信用を勝ち取ってい
繁盛店として君臨し続けている秘訣
のようですね。

エピソード<2>

スターウォーズみたいなタイトルに
なってしまいましたが、・・

手塚治虫さんとのエピソードがあります。

園田静香さんがLP(非売品)を出す
ことになり、その打合せの時刻に
遅れてきた手塚治虫先生に

「何よ、先生こんなに遅れて・・」

すると、

「ごめんごめん、
チョッと宇宙船に行って来たんだよ」

手塚先生らしい返答が!

・・・

「先生、今度は私も連れてって♪」

「あぁ、良いよ!」

・・・

しばらくしたある日、ラジオで
手塚治虫さんが角川春樹さんと
対談されているときに、園田静香
さんのLPの曲「魚の恋の物語」を
こっそりかけられていました。

歌手の名前は、伏せてでしたが
常連の人からは、誰だかすぐに
分かったとのことです。

「ちばてつや」さんもその一人です。

そして・・数年後

手塚治虫さん他界!

あの時の約束(宇宙船に乗せてあげる)は
まだ、果たされていませんが、
園田静香さんは、

手塚先生が宇宙船へ
連れて行って下さると

約束した事をきっと
守ってくださると

今でも信じております。

このようにコメントされています!

これが、人を引きつける魅力
なんでしょうね~

経歴

最初は、白衣の天使かバスガイドに
憧れていたとのことです。
青春時代に見た「夜の蝶」という
映画で人生が変わったと言われています。
映画・・夜の蝶 [ 京マチ子 ]

芸子の世界で1年間ほど学ぶ

1967年9月・・上京(若干20歳)

弟さんと色んなクラブで働き
クラブ数寄屋橋のオープンに向けて
準備を行います。そして

上京して
わずか3ヶ月で・・・

1967年11月・・クラブ数寄屋橋 開業

1970年11月・・三島由紀夫がお店に来て
最後の分かれを
・・(Xデーの1週間前の話しです!)

1987年・・非売品であるがLP「静一人」
を製作

2005年・・「文壇バー」君の名は数寄屋橋
という本を常連客の作家・芸術家57人の
寄稿により出版。


文壇バー 君の名は「数寄屋橋」 [ 園田静香 ]

ご本人のツイッター情報

何事にも果敢にチャレンジする
ところは、さすがですね~

ツイッターのフォロワーはどんな人(抜粋)

2018年4月14日現在ですが、

さすがにこれを見れば
なるほどとなりますね~

古書通信編集部

週刊読書人

週刊読書人の編集部の人

放送番組の動画・画像・まとめ
・・NAVERまとめなどをされて
いる方

西郷輝彦さん

<関連記事>

園田静香の文壇バーの場所はどこ?アクセスや採用条件もチェック

Sponsored Link



Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。