Sponsored Link



園田静香の文壇バーの場所はどこ?アクセスや採用条件もチェック

文壇バー(クラブ数寄屋橋)のママとして
知られる園田静香さんが
NHKプロフェッショナル仕事の流儀
に登場されます。

文豪や有名漫画家を虜にする魅力の
秘密の一端があかされると思います~

Sponsored Link

文壇バーに通った文豪とは?

文壇バーと言われることもあって
川端康成さん、渡辺淳一さん、
森村誠一さん、大薮春彦さんらも
足繁く通われた名店です!


数寄屋橋ギャラリーより

他にも、
漫画家の先生や、松本清張さんら
数え上げるとキリがないほどの
錚々たる面々が名前を連ねています。


数寄屋橋ギャラリーより

太陽の塔の岡本太郎さんもその一人です!


数寄屋橋ギャラリーより


数寄屋橋ギャラリーより

漫画家の藤子不二雄さんや手塚治虫さん
にも支持されています。

園田静香の文壇バー(クラブ数寄屋橋)の場所

クラブ数寄屋橋

1968年にオープン

住所
・・東京都中央区銀座7-7-6 アスタープラザビルB1(地下1階)

電話
・・03-3572-2784

アクセス
・・新橋駅から歩いて7分程度です。

クラブ数寄屋橋の採用条件

2018年4月14日現在の情報です。

・・銀座のクラブ数寄屋橋は著名な作家、
漫画家の先生たちにご贔屓頂いている
クラブです。

あなたが体験したことのない世界が
広がっています。

通常のクラブと違うインテリジェンスな
夜の世界で働いてみませんか?

完全会員制のお店ですので
スタッフもとよりお客様たちからも
温かく迎え入れて頂けると思います。

このような募集がなされています。

募集条件

時給・・4000円~/時間
経験者は、優遇されます。

売り上げバックあり、日払い
1万円まで。

年齢・・20~33歳位まで

ノルマ・・なし

ツイッター情報

三島由紀夫さんとの一コマ!

1970年11月といえば、分かる人には
分かりますかね~。

三島由紀夫さんが市ヶ谷の駐屯地での
日が11月25日です!

その1週間前に、園田静香さんの
文壇バーに編集関係の人たち5人で
利用されています。

混み合っていたため園田ママは
三島由紀夫さんのテーブルに
つくことができなかったものの、

テーブルでは、三島由紀夫さんが
賑やかに熱く、語りあっておられました。

そして、

三島由紀夫さんが帰られるときに
なってようやく目を合わせることが
できたとき・・!

「見ろ、このママの目が一番光っている!」

このように言われています!

1週間後になって、
三島由紀夫さんが、皆さんに
お別れをされていたのだと気づかれます!

あのギョロッとした大きな目には、
青白い炎が宿っていた・・。

今でも、その目を忘れることが
できないと言われています。

 

園田静香のプロフィール

生年月日・・(1947年?)6月23日生まれ
年齢・・71歳(?)(2018年4月現在)

出身地・・熊本県熊本市
出身高校・・私立尚絅高校

日本舞踊(母親は日本舞踊板東流の師匠)
もイベンドでは披露されます。
もちろんオリジナルも!

年齢についてですが、
1967年にクラブ数寄屋橋が出来た当時は
「若干20歳のママ」と紹介されている
記事があります(HONSのページより)。

1967年で20歳ですので
1947年前後の生まれだと思います。

経歴

高校時代に国税局や自衛隊の
ポスターテレビCMに採用

1967年9月・・上京

1967年11月・・クラブ数寄屋橋 開店

昭和の重鎮(VIP)との人脈がすごく
「昭和の伝説」とまで言われます。


文壇バー 君の名は「数寄屋橋」 [ 園田静香 ]

どんな人か(性格は)?

不思議な女性!(黒岩重吾さん)

初対面のときと、25年経過した今も
殆どかわらないとのこと。

穏やかな面持ちの中にあって
芯の強い一面をもたれており
職人気質!

エピソードとして、

お店が入っているビルが倒産した
際にも休業しないポリシーを
持っていた園田さんは、

お店の移転時にもかかわらず、
休まないポリシーを貫き、
その日も営業され、
お客さんを迎え入れておられます!

この心意気があるからこそ、
文豪と言われる面々から
絶大なる信用を勝ち取ることが
できられているんだと思います!

カッコイイですね!

<関連記事>

園田静香ママの年齢と経歴は?性格や数寄屋橋のエピソードも!

Sponsored Link



Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のK5です! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。