健康カプセル!元気の時間で紹介、女性に多い過活動膀胱(頻尿になる)の対処法とは!

 2015年10月25日に放送の元気の時間で、女性に多い頻尿(尿トラブル)の原因でもある過活動膀胱の対処法が紹介されました。
膀胱は400CC程でいっぱいになりると、その時に尿意を感じます。
しかし過活動膀胱の場合は、膀胱が満杯になる前の少ない状態で強い尿意を感じてしまいます。
番組に出演されていた方も150CCで強い尿意を感じておられました。

 

膀胱と脳を結ぶ神経のトラブルが過活動膀胱の原因と考えられています。

 

日本大学医学部附属板橋病院副院長で泌尿器科の高橋悟医師からの説明によると、

 

このようになった場合の対処法は、

1つ目は「我慢する」こと。

尿意を感じたら、あせらず落ち着いて5分ほど我慢して、徐々に時間を延ばして30分ほど我慢できるようになるまで行うのが理想。

膀胱は、反射で緩むので、少しずつ尿をためられるようになってくるとのことです。

骨盤底筋群の筋力が衰えてくると、尿をコントロールできなくなってきて尿トラブルを起こしやすいと言われています。

 

対処法は、

 

「肛門締め」

 

おならをこらえるときの要領で、「3秒間絞めて、2秒間ゆるめる」を1セットとして、一日合計5分ほど行う。

男性の場合は、この方法で尿道括約筋が鍛えられるため、残尿を軽減させることにもつながるとのことです。

 

また、このトレーニングで6~7割の方が良くなるとのことです。

 

アルコールやカフェインは就寝前3時間以内にはとらないことも重要とのことです。

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。