バリ島の空港いつから利用可能か?噴火の影響で年末年始の旅行キャンセル?

バリ島のアグン山の噴火が本格化して
大変な事になっていますね~

バリ島にある国際空港
(デンパサール国際空港)も閉鎖されています。

外務省は、2017年の10月31日に
火山の噴火警戒レベルをレベル3に
引き下げたばかりでしたが・・

このようになってしまっては・・

もはや・・

再び、レベル4という最高警戒レベル
引き上げることになっています!

 

Sponsored Link

バリ国際空港とアグン山について

バリ国際空港と、今回噴火しているアグン山
との位置関係ですが・・・

こんな感じです!

車で移動した場合ですが・・
アグン山から
約2時間弱、75kmの距離です!

住民や旅行者の立入禁止区域は
山頂から半径8~10kmに拡大
されています!

 

このように、上空9000mまで
噴煙が巻き上がっています!!

 

アグン山の噴火の経歴

19世紀以降の噴火をみると・・

・・1808年 噴火

<13年後>

・・1821年 噴火

<22年後>

・・1843年 噴火

<20年後>

・・1963年 大噴火

これは2月18日から翌年の1月27日
まで続いた噴火で、

亡くなった方が1148名、
負傷者も296名とのことです。

ちなみに、この噴火による噴煙で
日光が遮られてしまい、北半球の
平均気温が約0.5度近く低下
したという記録もあります(^_^;)

<54年後>

・・2017年 大噴火

9月20日火山性微動が増えた
ことにより、インドネシア政府が
火山噴火警戒レベルを4に設定!

その後、10月29日にレベル3に
段階を引き下げていましたが・・

11月27日、再び警戒レベル4へ
引き上げになっています!

Sponsored Link

空港の利用はいつから?

アグン山に聴いてください!

って言いたくなりますね(^_^;)

あくまで個人的な予測ですが・・

これまでの経過からすると・・

約20年毎ぐらいに噴火を
繰り返して来たアグン山ですが

前回の噴火(1963年)の規模が
大きかったため、噴火のサイクルが
違ったと考えられると思います。

そのため、今回50年ぶりの大噴火
となったんでしょう(たぶん!)

そうなると・・・

前回と同じようなことになった場合
最長で1年間、噴火が継続する
ことにもなります!

・・・・

ということは・・・

大自然には勝てません(^_^;)

火山性微動などが収束して
噴火レベルが下げられ
フライトへの噴煙の影響が
無くなって初めてOKとなります!

これがいつになるか・・・

今の時期から噴火している
ということは、年末年始の旅行は
結構厳しくなる可能性もありますね!

 

年末年始の旅行キャンセル

もう、すでに旅行の申し込みを
済ませている方の場合、

キャンセル料金が気になるところです。

HISを調べてみましたが・・

オンラインで予約して入金が完了している
場合は、基本的に変更できないようです!

 

詳しくは、
こちらへ(HISの場合)

 

ただし、今回のように
お客様の都合ではなく、
自然災害などで、どうにもならない
場合は、別だと考えられます!

 

通常の取消料について
(HISの場合)

 

11月27日現在、予約状況は
どうなっているかと見てみると
まだ、通常通り、行われております!

この先、変更されるとは
思いますが・・・!

どちらにせよ、今(11月27日)現在
では、フライト出来ない欠航状態の
ようですので・・・

 

今から行こうとしている人は
まだ、変更できますが・・

 

問題は、現地に今滞在している
人達です!

今後の旅行会社や政府などの対応が
待たれるところですね!

旅行先は、変更できれば、変更した方が
無難だと思います・・

 

自然災害ですので(^_^;)

コレばっかりは・・!

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。