東京五輪音頭 振り付け師は誰?踊り方動画や経歴もチェック!

東京五輪音頭が完成して
盛り上がってますね!
振り付けは、井手茂太さんです!

東京五輪音頭は、もともと
1964年の東京五輪の際に
三波春夫さんが歌ったものです!

それが、今回リメイクされています!
バージョンアップですね^^

親しみやすい曲調は、そのまま
気になる振付も覚えやすいもの
へとこちらもバージョンアップ!

Sponsored Link

振り付け師は井手茂太

生年月日・・1972年1月8日

最初の、東京オリンピックのときは
まだ、生まれていません^^

出身地・・佐賀県武雄市
職業・・ダンサー、振付師、演出家

ダンスカンパニー「イデビアン・クルー」を
主宰されています!

イデビアン・クルーは、日常の
何気ない一コマを切り取った動きを
ダンスにしたり、

独特の人間観察に基づいたダンスを
研究して発表されている
異色のダンスカンパニーです!

活躍の場は、国際的で
イギリスやドイツ、フランス、アメリカ
など海外でも活躍!

色んな分野の人とのコラボも
実現されています!

例えば、美術家の椿昇さんや
ミュージシャンのASA-CHANG&巡礼さん
などがいい例です!

 

東京五輪音頭の踊りのポイント

踊りの中に、五輪の競技種目が
織り交ぜられているのが特徴です!

空手のポーズ

 

野球

 

 

ソフトボールときて

 

 

ロッククライミングのポーズへと
進みます!

 

Sponsored Link

パラリンピックの場合は、

パラバトミントンのポーズから

テコンドーに移り

 

コレを車椅子の上で繰り返しできる
ように考案されています!

競技種目が織り込まれているのは
素敵ですね!
よく考えられていますね^^

 

受賞歴

1995年・・ドイツ ARENA FES’95で観客賞受賞(イデビアン・クルー)

2004年・・第11回読売演劇大賞優秀スタッフ賞受賞

2006年・・第3回アサヒビール芸術賞受賞

2008年・・第2回日本ダンスフォーラム賞受賞

2009年・・第3回日本ダンスフォーラム賞受賞

 

一流アーティストの振付けも担当

東京事変・・「OSCA」(2007年)

椎名林檎・・「熱愛発覚中」(2013年)、
「ありきたりな女」(2014年)

米米クラブ・・「つ・よ・が・り」(2009年)

SAKEROCK・・「会社員と今の私」(2008年)

星野源・・「夢の外へ」(2012年)、「化物」(2013年)

アヴリル・ラヴィーン・・「Hello Kitty」(2014年)

五五七二三二〇(私立恵比寿中学)・・「ポンパラ ペコルナ パピヨッタ」(2015年)

乃木坂46・・「あの教室」(2016年)

 

内村光良さんの映画「金メダル男」の
振付けも担当されました!