法定12ヶ月点検 期限切れ 罰則や車検との違い!受けないとどうなる

車を所有している方は、ディーラーから法定12ヶ月点検の案内ハガキが来ると思います!

法定12ヶ月・・と法定という言葉にドキッとしますね!

 

法定とは・・法で定められているとうことです^^;

当然、法を遵守するために従う必要がありますが・・・

実際のところどうなっているんでしょうか?

 

道路運送車両法の罰則規定によっては、最高2億円までの罰則規定がありますので・・・!

 

Sponsored Link

法定12ヶ月点検の期限について

車の窓枠にステッカーが貼られていると思いますが、その日が12ヶ月点検の期限です!

それまでに、点検を行う必要(義務)があります。

しないと、どうなるかについては、下の方に詳しく書いています。

法定12ヶ月点検の検査項目について

主な項目をご紹介します!

かじ取り装置
ハンドル、ギヤボックス、ロッドアーム、パワーステアリング装置のベルトの緩みおよび損傷

制動装置
ブレーキペダル、駐車ブレーキ、ホーズ及びパイプ、マスタ・シリンダ、ホイール・シリンダ及びディスク・キャリパ、ブレーキ・ドラム及びブレーキ・シュー、ブレーキ・ディスク及びパッド

走行装置
ホイール(タイヤやホイールの状態)

動力伝達装置
点火装置、バッテリ

原動機
本体、潤滑装置、冷却装置

エグゾースト・パイプおよびマフラー
取り付けの緩みおよび損傷

 

24ヶ月点検はどうなっているの

12ヶ月点検より多い項目(56項目)の点検が必要です!

通常、ディーラーなどで車検を受ける際には24ヶ月点検費用も含まれています。

気になる方は、車検を受ける際に受付の方に確認すればOKです。

 

車検のステッカーをかっこよくするアイテムがあります!

安くで購入できますよ!

 

法定12ヶ月点検と車検との違いは?

 

法定12ヶ月点検や24ヶ月点検について

簡単に言いますと、実施する義務はありますが、その罰則がありません。

ただし、受けなかった場合は、ディーラーによる車の保証(メーカー保証)が受けられないようになっていることが殆どです。

新車を購入する際には、点検パックなどで法定点検を安く受けられるようにしているメーカーもあります。

メーカー保証を受けるためには、このようなパックに入っておくことをオススメします!

Sponsored Link

車検については?

車検は、行わないと罰則があります!

車検切れの車を公道で走らせた場合・・

30日間の免許停止、6ヶ月以下の懲役または30万円の罰金、違反点数6点(前歴が無い場合)!

 

車検切れの車を車検に出そうとすると、レッカー移動などの費用がかかってしまいますので・・大変です!

くれぐれも、車検切れにはならないようにしましょう。

 

道路運送車両法での罰則について

結論から申しますと、法定12ヶ月での罰則項目は、ありません!!

ですので、万が一行わなかった場合でも、法的に処罰されることはありません(2017年4月現在)。

 

道路運送車両法での罰則規定の主なものをご紹介しておきます^^!

第106条・・自動車登録など(道路運送車両法98条)に関する違反の場合、三年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金

第107条・・保安基準適合証などに関する違反・・一年以下の懲役若しくは五十万円以下の罰金

第108条・・臨時運行、車の改造などに関する違反・・六月以下の懲役又は三十万円以下の罰金

第109条・・自動車登録番号標の封印、車庫証明などに関する違反・・五十万円以下の罰金

第110条・・自動車登録番号標交付代行者などに関する違反・・三十万円以下の罰金

第111条・・道路運送車両などに関する法人の違反・・二億円以下の罰金刑

第112条・・三十万円以下の過料

第113条・・二十万円以下の過料

法律の詳細はこちらへ▶

Sponsored Link
Sponsored Link



ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。