【元気の時間】アンガーマネジメントで離職率ゼロにする方法?

TV「元気の時間」でアンガーマネジメントを実施している介護施設が

とりあげられました。

 

介護や福祉の現場では、職員の価値観や考え方の違いから「こうあるべき」「こうするべき」との考えが他の職員と異なり、トラブルになりやすい傾向にあります!

 

それまでは、夜間コールが多く、毎年何人も離職者があった現場に

アンガーマネジメントを導入したところ

なんと離職者がゼロ0になったとのことです!

アンガーマネジメントとは?

アメリカで1970年代に始まった手法です!

 

アンガー(anger)とは、「怒り」のこと!

 

ビジネスの世界、人間関係において怒りの感情をコントロールすることができれば

より良い関係性が構築できる!

 

この技術がアンガーマネジメントです!

スポーツ分野や、俳優、政治家、医師、子育てなど色々な職種や状況で取り入れられています。

6秒コントロールとは?

怒りを覚えるようなことがあってからの6秒間!

その6秒間の言動は、感情的になっており

あまりよい結果と結びつきません(最悪の6秒間)。

むしろ、非建設的な言動をとることも多いことが分かっています!

 

この6秒間をコントロールすることが一つの鍵になります!

6秒間の感情をコントロールするには?

▶数字を数える!

▶深呼吸を何回か行う!

▶「負けないぞ!」「挑戦するものだけが成功する!」など短いフレーズを繰り返す!

▶(悪い)思考をストップさせる言葉「ストップ」、「考えるな」、「止まれ」などを思う!

▶目に入るものを細かく観察する!例えば目の前にあるモノの「色」、「形」、「材質」など

頭が爆発しそうなほどの瞬間の感情をコントロールするには、このぐらいが精一杯です!

アンガーログとは?

自分が、イライラした時などに、ノートやスマートフォンなどにその内容を記録することです。

なぜアンガーログを行うのか?

その内容を分析することで、自分自身がどんな状況になると

イライラしたり、怒りの感情を示すかを分析することができます。

その分析結果から、自分が怒りやすい状況を予め回避することが可能となります!

アンガーログの実施方法は?

記録が必要です。

手帳やスマートフォンに行います。

内容は、

1日時、2場所、3状況、4その時の感情、5怒りの強さ(1から10)

この5つをログとして記録します。

介護現場でのアンガーマネジメントのメリットは?

番組で紹介された施設での状況ですが、

残業が50%減った!

利用者への対応も良くなり夜間コールが減った!

結果、離職率が0になった!

怒りやイライラがあるとそれが伝染しますので、

怒りをコントロールするアンガーマネジメントは

介護現場や教育現場などでは特に必要ですね!

 

日本アンガーマネジメント協会はこちらです▶

こちらでは、講習会などの情報があります!

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。