PT-OT-ST国家試験関連

<解説>第50回理学療法士・作業療法士国家試験問題(共通問題50P72) 股関節の靱帯

 72 基本肢位からの股関節の運動について正しいのはどれか。 1.屈曲時に腸脛靱帯は緊張する。 2.伸展時に坐骨大腿靱帯は緊張する。 3.外転時に大腿骨頭靱帯は緊張する。 4.内旋時に恥骨大腿靱帯は緊張する。 5.屈曲時…

PT-OT-ST国家試験関連

<解説>第50回理学療法士・作業療法士国家試験問題(共通問題50P71) 肩甲骨の上方回旋に作用する筋

71 肩甲骨の上方回旋に働く筋はどれか。 1.前鋸筋 2.小胸筋 3.広背筋 4.大菱形筋 5.肩甲挙筋 【解説】 肩甲骨の上方回旋に作用する筋 前鋸筋+僧帽筋(上部線維)+僧帽筋(下部線維)です。これらの3つの筋線維が…

PT-OT-ST国家試験関連

<解説>第50回理学療法士・作業療法士国家試験問題(共通問題50P55) 下肢筋の付着部

55 筋と付着部の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。 1.恥骨筋・・・大腿骨頸部 2.縫工筋・・・下前腸骨棘 3.短内転筋・・・恥骨上枝 4.長内転筋・・・恥骨結節 5.大腿二頭筋・・・腓骨頭 【解説】 恥骨筋は、恥骨…

PT-OT-ST国家試験関連

<解説>第50回理学療法士・作業療法士国家試験問題(共通問題50P54)肩関節の筋、(共通問題50P57)深腓骨神経支配の筋

54 筋と支配神経の組合せで正しいのはどれか。 1.小円筋・・・腋窩神経 2.棘上筋・・・肩甲下神経 3.三角筋・・・肩甲上神経 4.大円筋・・・肩甲上神経 5.肩甲下筋・・・腋窩神経 【解説】 上肢帯の筋に関する設問で…