本田望結「徹子の部屋」で将来の夢を語る!?


2015年9月22日の「徹子の部屋」に、女優でフィギュアスケート選手の本田望結ちゃんが出演します。

望結ちゃんは、2004年6月1日生、京都府出身で、これまで「家政婦のミタ」、「さよならぼくたちのようちえん」、「コドモ警察」、「ドクターX」では、多臓器体外摘出手術を受ける患者(村田九留美役)、花王メリットのCMなど多数に出演しています。

 

また、スポーツでは、フィギュアスケートに取り組み、(最初は趣味程度かと思っていると)「炎の体育会TV」でも真剣に日本選手権やオリンピックを目指すアスリートとして本格的に取り上げられています。海外遠征ということで、あの「皇帝」プルシェンコ選手の元を訪ねて、将来のロシアのトップ選手達とともに個人レッスンを受けるまでになっています。

 

プルシェンコ選手も、以前は半信半疑で、フィギュアスケートをしている日本から来た女の子という目で見ていましたが、演技への取り組み方や将来の想いを確かめて行くうちに、本田望結ちゃんを一人の将来有望なフィギュアスケート選手として認識するようになって行きます。

 

2015年9月19日放送の「炎の体育会TV」で、プルシェンコとの約束でレッスンを受けたときには、プルシェンコの何時間にもおよぶ厳しいトレーニングに見事応え、練習した成果を見せ、プルシェンコを納得させていました。番組に出演していたフィギュア選手(浅田舞さん)も、「望結ちゃんが、どんどんうまくなっているのに驚かされる」とコメントしています。

 

そんな、望結ちゃんですが、レッスンを受ける前にプルシェンコからとても重要な質問をされています。それは、「これから将来、フィギュアスケート選手としてやって行くのか、それとも女優としてやって行くのかどっちか?」との質問でした。

 

これに望結ちゃんは、殆ど考えることなく「どっちも」とコメントをしています。望結ちゃんとしては、正直な気持ちだと思います。

 

それをきいたプルシェンコも、それを否定することはありませんでした。番組をみている側としては、少しハラハラする場面でしたが、プルシェンコが、こんな質問をしたのは、やはり2つを追い求めて成功することが大変だからだと思います。望結ちゃんもそれは、十分に分かっていると思います。しかし、みごと、プルシェンコのレッスンをやり終え、将来のフィギュアスケート選手として認めてもらえていることはすごいことだと思います。

 

今回、このような質問をプルシェンコがしたことは、彼自身が望結ちゃんを将来有望なフィギュアスケート選手であることを認めた証拠だと思います。また、これまで番組でプルシェンコが望結ちゃんに指導してきた内容と今回の指導の内容では、本気度に置いて大きな違いがありました。(今回は、プルシェンコが完全な本気モードで望結ちゃんにレッスンを行っています!)

 

さて、今回徹子の部屋で望結ちゃんが、将来についてどんな発言をするのかとても楽しみです。そして、女優として出演するのか、アスリートとして出演するのか、それとも・・・。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。