NHK血糖値スパイクの改善方法?発見法は?


糖尿病、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、認知症、ガンなどとの関連性が指摘される血糖値スパイク

食後に血糖値が急上昇することが血糖値スパイクです!

このような状態にある人は、とても危険だということができます。

 

血糖値スパイクが原因によって血管の壁を傷つけることが

原因となります。

 

血糖値スパイクがあると、血糖値を抑えようとして

膵臓からインスリンというホルモンが

急激に分泌されます!

 

インスリンが大量に分泌されると

認知症でみられるアミロイドβの蓄積が増える

ことが分かってきています。

 

これが血糖値スパイクの恐ろしいところです。

 

Sponsored Link

血糖値スパイクを抑える方法は?

血糖値スパイクの人に対策したところ、対策後は正常に戻っています!

その簡単な対策とは?

対策1

食べる順番に気をつけろ!

sute-ki
ご飯より先に食べたほうが良いものとは、

ステーキなど、脂質やタンパク質を先に食べる!!

野菜を先に食べると血糖値が上がりにくいことは知られていますね!

 

低糖質ダイエットは有効であるが、やり過ぎは禁物です。

対策2

厳禁!朝ごはん抜き!

朝ごはんを抜くと血糖値の変化が起きやすく

血糖値スパイクを引き起こしやすいことが分かっています。

 

長い時間空腹が続くとインスリンが急激に分泌されます。

対策3

食後すぐに(15分以内に)チョコチョコ身体を動かせ!

食後15分間に胃腸に血流が集まりますが、

その15分以内に身体を動かすと、胃腸への血流が減少して

糖の吸収量が抑えられます!

そんなに大変な運動でなくてもOKです!

食後に、ちょっと散歩する程度でもOKなのです!

血糖値スパイク危険度は?

NHKのページで危険度がチェックできます▶

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。