ワンセグ携帯NHK受信料の支払い義務は?ついに決着?!


ついに平成28年8月26日にさいたま地裁で言い渡されました!

Sponsored Link

結果は?

なんとなんと、

ワンセグ携帯の場合のNHK受信料は、支払い義務なし!!

まず、

放送法第64条抜粋

[第1項](実際には1項という表記はないがこの場では、わかりやすく「1項」と表示しています)
協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。た だし、放送の受信を目的としない 受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。) 若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

このように、受信設備を設置した場合に、支払い義務が生じるようになっています。

ここで、

放送法の二条十四号

「移動受信用地上基幹放送」とは、自動車その他の陸上を移動するものに設置して使用し、又は携帯して使用するための受信設備により受信されることを目的とする基幹放送であつて、衛星基幹放送以外のものをいう。

このように、設置と携帯が分けられていることから、さいたま地裁は、

ワンセグを「設置」とするNHKの解釈を「文理解釈上、相当の無理がある」

と結論付けました。

・・・なるほど!

勝った大橋市議のコメントは?

「多くの国民が疑問に思っていたことなので、主張が認められて喜ばしい。NHKには間違って契約させられていた方に真摯に対応していただきたい

これぞ、してやったりとのコメントです。

負けたNHKのコメントは?

「今回の判決は、放送法第64条の受信設備の設置についての解釈を誤ったも
のと理解しており、ただちに控訴します。
今後も、NHKとしては、従来と変わりなく、ワンセグ機能付き携帯電話の
みをお持ちの方に対しても、受信契約の締結と放送受信料の支払いを引き続き
お願いしてまいります。」

と、まだまだ、強気のコメント!!
 

今後も、テレビを持っていないでワンセグ携帯を持っている人に対して、受信料の徴収を続けるという。

NHKオンラインで、受信料についてのQ&Aを説明してあります。⇨

今更、やめられないとまらないので、

このようなコメントになったとも考えられます。

負けを認めると、受信料返還なども懸念されるんでは・・・?

 

しかし、

 

まだまだ、最終的な結論がでるまでには、時間がかかりそうです!

<<関連記事>>

NHK受信料の判決8月26日!!ワンセグは?フルセグは?

Sponsored Link
Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

医療関係者のコウです! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、とにかく、やりたいことを好きなだけやれるようになるためにはじめました! ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。